【PR】動画の編集や変換がラクにできる「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」を試す

今日はこんな記事です

「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」は、簡単に動画の編集や変換が行える多機能なWindowsソフトです。最大8Kまでの高解像度に対応していて、音声での出力も可能。多彩な設定が嬉しい動画アプリです。

動画の編集や変換が一発でできちゃう!

このたび、WonderFox社様より、動画編集ソフト「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」のレビューのご依頼をいただいていますので、試用させていただきました。ありがとうございます。

「WonderFox HD Video Converter Factory Pro」は、動画の編集や変換が可能なWindows用ソフトです。動画の編集や変換のほか、多彩な機能を有しているのが特徴です。

主な機能
  • 動画の簡単な編集機能(切り取り、トリミング、ウォーターマークなど)
  • 動画の解像度の変更。4Kの解像度まで対応
  • オンラインにある動画のダウンロード
  • 音声付きの画面収録
  • スライドショーの作成
  • スクリーン分割ツール
  • 字幕に関する機能

など

今回はこの有償版をご提供いただきましたので、使い勝手などをチェックしていきます。

細かい設定が可能

動画編集・変換の画面では、多彩な編集機能と変換設定を有しています。

編集機能は、切り取り、トリミング、ウォーターマークの追加、アニメーションなど。ただし、簡易的な設定しかないため、動画編集は別アプリに任せたほうが良い気がします。当方環境では、一部の機能を使うと動画が変換できなくなる不具合もありました。

変換については、解像度のほか、ビットレートやアスペクト比なども細かく設定できます。出力形式はMP4以外にも、AVI、MOV等の動画ファイル形式だけでなくMP3、WAVといった音声だけの出力も可能。さらに、iPhoneやFire端末など、各端末に最適化された形式で出すこともできます。

対応解像度はガラケーレベルの低解像度から8Kまで幅広く対応しているので、カバーできない範囲はないでしょう。例えばフルHD動画を4Kへアップコンバートさせることもできちゃいます。

面白いのが、対応のビデオカードを用意することで、GPU加速による動画変換の高速化が図れることです。インテルの一部GPUと、GeForce系のGPUに対応しています。とはいえ、これをオフにした状態でも、僕のゲーミングマシンではそこそこの速度で動画の変換ができるので、PCのグラボがRadeonだったとしても別に肩を落とす必要はないと思います。

超絶便利な動画ダウンロード機能

個人的に一番いいな、と思ったのが動画のダウンロード機能。これはYouTubeなどの動画サイトやツイッターなどのSNSにアップロードされている動画をダウンロードすることができます。

ダウンロードできるサイトは動画サイトやSNSに限らず、ブログやHTMLページなど、いろいろなサイトで使えます。

WordPressサイトの動画もダウンロードできます。試しに、ウチのブログの「FlexClip」をご紹介したときにアップロードした動画のURLを指定したところ、ダウンロードできました。動画をダウンロードできるツールはなかなかないので、こういう機能はめっちゃ助かります。

ダウンロード動画はアプリ内のフォルダに落とされます

もし当ソフトをお持ちでしたら、上記動画をダウンロードしてみてください。
URL:https://tetsupara.net/wp-content/uploads/2020/11/9ec033b8c740558756d57e3f06cedbe9.mp4

ご注意

外部サイトから動画をダウンロードする際は、著作権法に則っていただいた上で、利用するサイトの利用規約を必ずご確認ください。動画ダウンロードで損害を追われた場合でも、当ブログは一切の責任を負いかねます。

画面収録は4Kモニタでは使えず

画面収録の機能も付いていますが、僕の使っている4Kモニタ(テレビ)では使い物になりませんでした。全画面での収録にしても一部の区画しか収録されませんでした。あくまでフルHD以下で使えるオマケ機能と思ってたほうがいいくらいです。

画面収録を使いたい人は「EaseUS RecExperts」のWindows版を買われるのが良いかもしれませんね。

そもそもの話、この「WonderFox HD Video Converter Factory」って高解像度モニタでの表示の最適化がなされておらず、表示がギザギザしています。8K動画を扱えるソフトなんだから、ソフトの表示ももう少しなめらかにできたらな、とは思います。

その他の便利機能

「WonderFox HD Video Converter Factory」にはスライドショー作成機能があり、簡単にスライドショーの作成が行なえます。

スライドショーの作成画面

ただし、スライド切替時のアニメーションなどは対応していないため、これもオマケ機能と思ったほうがいいでしょう。

スライドショーの作例

スクリーン分割ツールも使えます。これを使うと、複数の動画や静止画を1つの動画にまとめることができます。ただし、音は収録されません。

分割ツールの作例

有料ソフトとしてもう少し完成度がほしい

最後はちょっと厳しく言ってしまいますが、僕が思うに、この「WonderFox HD Video Converter Factory」は、有料ではなく広告付きのフリーソフトとして出しても良かったんじゃないかと思いました。フルHDまでを基本無料にして、ビデオカード加速とか4Kとかを有料オプションで出してもよかったんじゃないでしょうか。

機能が豊富なのはたしかに嬉しいのですけど、基本の部分の完成度が個人的にもうちょっと欲しいです。アプリウィンドウが4Kモニタの解像度に最適化されていないし、そもそも動作が不安定でよくクラッシュします。

もう少しは改善の余地はあると思いますが、動画編集の基本機能は現状でも充分です。今後のブラッシュアップをぜひとも期待したいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

こちらもチェックしてみてください!

スポンサードリンク