note支部「てつぱらぼらとりー」のご紹介

みずにゃん

どうも、みずにゃんです。今回は、サブサイトの代わりにnoteで展開中の、note支部「てつぱらぼらとりー」についてご紹介しています。当本館では書ききれない内容のネタを更新しています。ぜひ、「てつぱらぼらとりー」にも遊びに来てくださいね。

「てつぱらぼらとりー」とは?

どうも、みずにゃんです。
今日は、数ヶ月前よりブログサービス「note」にて展開中のnote支部「てつぱらぼらとりー」をご紹介したいと思います。

「てつぱらぼらとりー」は、この「てつぱら!」本館で書ききれない小ネタやネガティブネタ、政論ネタなど、性質上万人受けできない記事を公開する場として作りました。

最初は「note支部」の名前でやっていましたが、その後「てつぱらぼらとりー」に名前を変えて、ロゴも作りました。

「てつぱらぼらとりー」ロゴ

ただただ本館に載せない記事を作るだけでなく、書いた記事を元に、本館や姉妹サイトなどで反映できそうなものをフィードバックしたり、思考実験的な記事を書く場であることから、「laboratory」の単語を使用した名称「てつぱらぼらとりー」としました。

なぜ、note上での展開なのか

「てつぱらぼらとりー」はnoteで展開しています。普通なら別にWordPressを作るところなのですが、サクッと書きたいときにかけるようにしたかったので、管理上手間のかかりやすいWordPressではなく、すぐ記事をかけ、有料記事なども導入できるnoteでの展開を選択しました。

「てつぱらぼらとりー」最初の記事には、こう書きました。

WordPressで新規にブログを一つ作るというのももちろん考えましたが、デザインだったりコーディングだったりと手間が多く、記事に執筆できません。ある程度ネタをストックしておいて書いていくスタイルを採る本館と違い、いざと思ったときにその場でササッと書く運用にはWordPressでは不向きと感じています。
その点で、noteを使うことに価値を見出しました。その場で簡単に記事が書け、有料記事のシステムをつかって、読者層の絞り込みできるから。

「てつぱら!note支部」を開設しました。

noteのシステムを使えば、すぐ書きたいネタをサクッと書けることや、スキ機能などを通じて他のライターさんと繋がれること、有料コンテンツを用意できることが享受できます。もちろんデザイン・コーディングの必要もないので、それらの変更・修正作業で時間が取られることはまずありません。

また、ユーザーが減っていってサービス終了になったブログサービスもある中で、noteは独自のシステムを持っていて、著名人や専門家、大手企業も利用していることから、当面安定したサービスを提供するだろうという安心感もあり、noteをチョイスしています。

どんな記事を書いているのか?

「てつぱらぼらとりー」では、「てつぱら!」本館では書ききれない内容の記事を書いています。

  • 2000文字書けないような小ネタ
  • レビューでない日常のネタ
  • エッセイ的な内容の話
  • 万人受けしない内容(政論・愚痴・ネガティブネタ・思考実験的なものなど)
  • 有料記事でしか書けない裏話

現在は、カテゴリー代わりに「マガジン」を作って、単発記事から連載記事まで、幅広く書いています。一部の記事・マガジンは有料で提供しているものもあります。

主なマガジン

  • 日々のつぶやき:小ネタや日常の話
  • みずにゃん流カメラのたのしみかた:カメラ系の記事をまとめています。
  • 悩み・愚痴・思考実験:政論や愚痴的な内容のある記事をまとめています。
  • イヤホン・ヘッドホン紀行:「イヤホン紀行」「ヘッドホン紀行」のなで、手持ちのイヤホンやヘッドホンを連載形式で紹介
  • 体操服にまつわるあれこれ:体操服好きのみずにゃんが、体操服について熱く語る連載(※有料)

有料記事とマガジンについて

一部の記事やマガジンは有料としていますが、これは収益目的ではなく、読んでいただける方を限定させるために書いています。言い換えれば、完全にオープンにできない内容を含んでいるためで、興味があって読みたい方だけどうぞ、というスタンスで提供しています。

有料マガジンについては買い切りにしていますので、一度ご購入いただければそのマガジンの記事は全てお読みいただけます。

ご購入の際、noteではクレジット決済とキャリア決済が用意されているので、ご希望の決済方法で決済手続きしてください。

基本価格は今のところ、有料記事(単発)が300円(税込)、マガジンが500円(税込)を考えていますが、現在はコンテンツが少ないため、スタートアップも兼ねて廉価な設定とさせていただいています。

それ以外については、多くの方に読んで共有いただければと思い、原則無料記事でいろいろな情報を提供しています。


みずにゃん

ぜひ、note支部「てつぱらぼらとりー」にももしお時間があれば目を通していただければ嬉しいです。

みずにゃん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

うらにゃん

こちらもチェックしてみてください!

みずにゃん

スポンサードリンク