【レビュー】第1世代Apple Pencilでも使えるグリップがセリアで手に入る!

今日はこんな記事
です

100円ショップの中でもユニーク商品で攻めるセリアから、Apple Pencil(第1世代)でも使えるスタイラスペン用のグリップが登場!早速ESR製のスタイラスペンに装着して使い心地を試してみました!ESR製のスタイラスペンもコスパ最高でおすすめです!

セリアで「スタイラスペン用グリップ」を発見!

転居後に使う生活用品を買い揃えようと、100円ショップへ行くことが増えました。つい先日も、懲りずにセリア通いw

セリアは高額商品で攻めるダイソーやキャンドゥではなかなか見かけられないようなユニークな商品展開がツボに入ってます。今回も、面白いのを見つけました。

「スタイラスペン用グリップ」です。

スタイラスペンというのは、電子機器(スマホやタブレット等)のタッチパネルで使うペンのこと。その代表格が、iPadで使えるアッポーペン、もといApple Pencilでしょう。

今回出たスタイラスペン用グリップは、Apple Pencil(第1世代)に対応しているのがウリ。Apple Pencilは細くてツルツルしているので、人によっては持ちにくいと感じる方も多いと思います。グリップを付けることで、持ちやすさや滑りやすさの改善を図った商品といえるでしょう。

このグリップはApple Pencil専用品ではなく、汎用のスタイラスペンにも対応しています。直径8.9mm程度のものに対応しています。なお、Apple Pencil(第2世代)はサイズの違いの問題もあり、非対応ですので、最新のiPad Proや第4世代Airをお使いの方は要注意です。

スポンサードリンク

実際に付けてみた。握り心地は抜群

このスタイラスペン用グリップの発売元はイヤホン等でおなじみの丸七(株)さんです。シリコンでできていて、膨らみも大きい太型となっているので、強く握るタイプの人に向いています。

なお、Apple Pencil(第1世代)で使われる方は、グリップ装着状態のままiPadへ直接充電しないよう注意書きがなされています。そのため、グリップを装着した状態で充電するときは、LightningアダプタとLightningケーブルが別途必要になることに注意が必要です。

ESRのスタイラスペンに装着

さて、ウチはApple Pencilなどを持っていない代わりに、ESRのiPad用のペンがあるので、装着してみました。ジャストフィット。ツルツルしていて握りにくかったのが、とても握りやすくなった印象を受けます。
ESRのペンはサイドボタン式ですが、シリコンの厚みで誤動作することもなく、シリコンをかぶせた状態でオンオフが可能。ESRのペンでも、問題なく使えるグリップです。

使い勝手とコスパのい優れたESRのiPadペン

ついでなので、僕が使っているESRのペンもあわせてレビューしておきます。

僕は絵描きじゃないので、純正Apple Pencilを買うまでの必要性を感じていません。最初はダイソーのディスクタイプのペンを使ってましたが、耐久性が低く、ボールペンの機能もイマイチだったので、早々に使わなくなりました。

今は無印iPad第7世代なので対応Apple Pencilは第1世代ですが、今後もし現行iPad AirやProに切り替えるとなると、対応Apple Pencilも第2世代となり、アップグレードすると互換性がなくなってしまいます。今後はApple Pencil第2世代対応機が増えることでしょうから、今後のアップグレードを見越して今回は汎用のiPad専用ペンを導入することにしたのです。

ESRは大阪に日本法人も設けているようだ
付属品は替芯2つと、充電ケーブル。アダプターは別途購入の必要がある。

昨秋のAmazonサイバーマンデーセールで、ESRのこのペンとハードケースがセールで安くなっていたのでポチりました。このESRのペンは、Apple Pencilに対応したすべてのiPadで使用でき、ペアリング設定不要で使用できる使いやすさが魅力。

サイドのボタンをクリックして青いランプが光ればすぐiPadで使用することができます。パームリジェクションにももちろん対応してますし、純正Apple Pencilのウリである筆圧感知こそないものの、替芯2つ付属で3千円前後のお値段でストレスフリーな環境を作れました。

ダイソーのガラスフィルムとの相性も問題なし
うらにゃんが実際に「ノートパッド」アプリを使ってESRのペンで描いた例。ESRのペンでもここまで描けるのは魅力

個人的にiPad版Illustratorやメモアプリを触る程度なら、充分なスペックだと思いました。

なお、iPad専用に設計されていて、iPhoneなど他の端末では動作しません。

充電はmicroBタイプ。バッテリーの持ちが非常に良く、購入してから未だ一度も充電していないくらいに長持ちしています。

純正Apple Pencilに近いシンプルデザインながら、ペアリング設定も要らずに使える手軽さが、このESRの最大の魅力だと言えるし、今回紹介したセリアで購入できるグリップが取り付けられるという点も、高評価です。

個人的にはコロナとかいろいろあったせいもあって、今の安かろう悪かろうな中華ブランドの製品が大嫌いなのであまり中華製品の巣窟と化してしまったAmazonでは買い物をあまりしなくなったのですが、このESRのスタイラスペンは大当たりだと感じました。

ESRのスタイラスペンとセリアのグリップの組み合わせ、めっちゃイケるかも!みんなも買ってね!

こちらもチェック!

※僕が買ったのは左のバージョンです。右バージョンがグリップに入るかは自己責任でどうぞ。

みずほちゃん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。こちらもチェックしてみてください。

スポンサードリンク

この記事を書いた人

なすのぞみずほ
なすのぞみずほDreaming Factory 代表
Dreaming Factory代表
尾張国民。結婚前提で同棲中のイーブイメガネを掛けた男
趣味は鉄道(乗・撮・模型)、カメラ、PC、オーディオなど。

★ピグパーティー ID:PT-1821-6163 でやってます。フレ募集中!

<WORKS>
・「チャレンジ!!ボッチャ駒来」サークルサイト制作
・「ヒグチ写真店」様ウェブサイト制作
・Aichi WordPress Meetup #9登壇「レンタルサーバーの選び方」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう