【レビュー】ダイソーの550円スマホホルダー(自転車用)の使い心地を試す!

みずにゃん

ダイソーから自転車用のスマホホルダーが登場!6.4インチまでの大型スマホにも対応していて、グーグルマップなどで使えそうな予感。今回はこのスマホホルダーを購入して試してみました!

ついに自転車用のスマホホルダーが登場!

僕は原付免許は持ってこそいるものの、原付バイクは持っていないため、普段の足は自転車です。よく自転車で通り慣れない道を通ることもありますが、停車中にすぐ操作ができる自動車用のカーナビと違って、自転車の場合は止まってはかばんやポケットからスマホを取り出してグーグルマップで道を確認して・・・といった面倒さがあります。

それを改善してくれるのが、自転車用のスマホホルダーです。僕は2年ほど前のAmazonプライムデーでタイムセールになっていたスマホホルダー(650円くらい)を購入して着けているのですが、サイズ的にiPhone SE2が精一杯で、最近の大型スマホに対応できていないのがネックでした。ナビゲーションしてもらおうにもテザリングが必須で面倒でした。

安価なアクセサリーでありながら、今まで、100円ショップでは全く見ないものでした。100円ショップで大型スマホに対応したものがあればほしいなあと思っていたところ、ついにダイソーで見つけることができました!

今回紹介するのが、550円「スマホホルダー(自転車用、タッチ操作可能)」というダイソーオリジナル商品。

このダイソーの自転車用のスマホホルダーの特長として、様々なサイズのスマホに対応可能で、公式では4〜6.5インチのスマホに対応しています。従来商品が苦手としていた、大画面スマホの多くで使用できるようになります。

また、スマホの厚さに応じて調整ができる点も面白いです。調整用パッドが大小2枚入っていて、この調整パッドを組み合わせることでスマホがホルダー内でずれないようにできます。

ホルダーの形状としてはバンパータイプではなく、フルカバータイプ。画面側も透明カバーがなされていますが、商品名にあるように、タッチ操作ができるよう配慮なされています。
フルカバーにすることで、多少の衝撃や砂塵からガードできる仕様になっています。ただし、本品は防水仕様ではないと記載されているため、雨の日に使うときは要注意です。

装着可能なハンドルサイズは直径19〜25mm前後。基本対応できない自転車はないと言いたいくらいに、幅広い自転車で対応しているといえます。

フォルダブルは入らないかも

実際に買って入れてみました。ホルダーは、ファスナーによりスマホを出し入れする構造となっています。

フォルダブルは無理かも

僕のメイン端末は2画面スマホのV60 ThinQ 5Gですが、デュアルスクリーン装着状態(2画面の状態)だと、入りきらずファスナーを破壊する寸前でした。最近Galaxy Foldのようなフォルダブルスマホが流行りを見せてきていますが、フォルダブルスマホについては厚みの関係で入らない可能性があるので要注意です。

V60 ThinQ 5Gだとこんな感じ

デュアルスクリーンから外して単体で使用する場合は、調整用パッドを大きいのだけにすればずれなく入る感じでした。ただし、V60 ThinQ 5Gは6.8インチと画面サイズがかなり大きめなため、画面全領域をこのホルダーではカバーできません。ですが、僕が想定しうる操作はほぼ全て問題なく行えたので、実用では問題ないのかな、と思います。

なお、タッチ感度は生の状態よりは落ちますが、お風呂用のスマホケース的なのをご想像いただければ、と思います。実用になるタッチ感度でした。

裏側は固定パーツとスライドで固定させる構造

反射のせいで見づらい。角度に気をつけよう

自分の愛車に取り付けてみたところ、比較的重いV60 ThinQ 5Gでも、ブレることなくしっかりとホールドしてくれています。

問題なのは、画面側の透明カバーの光の反射です。この光の反射により日中に走行しているときはかなり画面を認識しづらくなります

画面をほとんど認識できない

画面を見るときはもちろん自転車を止めているかと思いますので、随時角度調整してあげたり、日陰に入ったりすることで活用していくのが上手な活用法かな、と思います。

僕の自転車(シティサイクル)では、真ん中の位置はまともに認識しにくかったのに対し、ハンドルの握り手側へ寄せていったところ、画面表示に関しては多少の改善がみられました。

グリップに寄せたら、多少は改善しました

スマホの操作は、停止中に行ってください。走行中に操作を行って人身事故や損害を起こすような事故を負われた場合でも、当ブログはその責を負いませんのでご了承ください。

手間が省ける良アイテム

いちいちかばんやポケットの中からスマホを取り出すのを考えれば、取り付けてあるスマホホルダーで操作するほうが、よっぽど楽ですよね。

画面表示のデメリットはありますが、550円でよりサイクリングを楽しめるようになる良いアイテムだな、と思いました。

スマホの操作は、停止中に行ってください。走行中に操作を行って人身事故や損害を起こすような事故を負われた場合でも、当ブログはその責を負いませんのでご了承ください。

みずにゃん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

うらにゃん

こちらもチェックしてみてください!

みずにゃん

スポンサードリンク