【レビュー】ダイソーで550円のPC・タブレットスタンドをAmazonで2999円のPCスタンドと比較!

みずにゃん

テレワークの普及を受けて、ノートパソコンで使えるスタンドが各社から発売されています。先日Amazonで2,999円のノートパソコンスタンドを購入している僕ですが、ダイソーで550円の安いのを見つけちゃったので買っちゃいました!550円のは2,999円のと何が違うのか、検証します!

テレワークにも好適!?PCスタンドが低価格化!

おうちでテレワーク(リモートワーク)をなさっておられる方も数多くいらっしゃるのではないjかと思います。ですが、長時間なれない環境でパソコン作業するのって疲れやすくなりやすいですよね?

とくにノートパソコンやタブレットPCは画面が小さいこともあるのか、非常に疲れやすくなります。デスクやテーブルに平置きだと、見下ろすような姿勢になってしまうことも多く、首などへの負荷がかかると気持ち悪くなったりすることもあるのではないでしょうか。

簡易的なノートパソコンスタンドを用いる方法もありますが、最近では高さの段階を自由に調節できる本格的なノートパソコンスタンドがテレワーク需要の拡大に合わせてか、かなり低価格化して、各所でも売られるようになりました。

僕も家でMacBook Airでブログを書いたりイラレをしたりiPadで動画を観ようとするときに、首への負担が原因で体調を崩すことがよくありました。なので先日、Amazonで2,999円のノートパソコンスタンドを買ったところ、だいぶ改善が見られました。

このような高さ調整が自由にできるノートパソコンスタンドは、以前は数千円もした代物でしたが、最近ではプチプラでも手に入るようになってきて、正直驚きです。

そして先日、ダイソーに行ってみたら、なんとダイソーまでもが550円「PC・タブレットスタンド」の商品名でパソコンスタンドを出しているではありませんか!

ダイソーブランドの製品ではなく、サイバートレーディング株式会社の製品です。もしかしたらキャンドゥやワッツにも並んでいるかもしれません。

先日購入したスタンドと比較してみたいし、サブに使えたらいいなあ、と思い早速購入してみたので、見比べていきたいと思います。

6段階の調整が可能

取扱説明書も付属している

このパソコンスタンドは6段階の高さ調整が可能です。16インチのノートパソコンやタブレットまで幅広く対応していますが、耐荷重は1.5kgなので、現行モデルのMacBook系やSurfaceなら問題ないかと思いますが、古めの大きくて分厚いWindowsノートだと載せるのは厳しいかもしれません。

それに対して、先日Amazonで購入したスタンドは20kgまで対応しています。ダイソーのパソコンスタンドに載せる際は、使用できるデバイスには気を付けたいところです。

幅は調整できるので、スマホを横向きで置いたり、UMPC等の小さいデバイスにも対応できます。

左がダイソー550円、右がAmazonで3千円。厚みがぜんぜん違う

ダイソーのパソコンスタンドの最大の利点は、なんといっても軽量で折りたたんだときもかさばらないこと。とくに厚みはAmazonの2,999円のに比べて遥かに薄くできており、持ち運びが苦になりません。付属ポーチなどは付いていませんが、他のダイソー製品などで補えるかと思います。
また、開閉もスムーズに行えてサクッと展開できちゃうのも嬉しいポイント。

耐久性に疑問も

ただ、安くて軽いのには裏があります。それは、剛性が不足していて、耐久性に疑問点が付くからです。

ダイソーのとAmazonの中華製を開いてみたところ。写真だと分かりにくいかもしれないが、薄くてペラペラしている。

先述で耐荷重が1.5kgと述べましたが、1.5kgだと重めのWindowsノート(ゲーミングノートパソコン等)にはこのダイソーのパソコンスタンドでは対応できません。そこからもわかるように、かなり材質の剛性は落としているものと思います。使われている材質はポリアミド、スチール、シリコンです。

手に持って広げてみるとわかりますが、明らかに遊びの部分が大きく、グラグラしています。僕のMacBook Airの場合は1.2kg強なのでこのスタンドでも使えましたが、Amazon2999円のに比べて不安定で、ブログ記事のタイピングで不安を覚えました。力を入れるとバキッと言っちゃいそうな気がします。

逆にAmazon2999円のはアルミ製のしっかりとした作りなので、安定性が高く安心して使うことができます。持ち運びには多少重いですが、上質な専用ポーチも付属していて使い勝手は文句なしですし、上下で細かく調整ができる点も嬉しい配慮です。

常用するならもっとしっかりとした作りのものを

ダイソーのPC・タブレットスタンドを使ってみて思ったのは、なによりも剛性の薄さによる耐久性への不安です。だから、タブレットなどで動画を見たりする用途ならばそう大した問題はないかなと思いますが、ノートパソコンを乗っけてタイピングするには不安を覚えるレベルかなと思いました。

それこそ安価なので、展示会の際に絵画などを立てて展示するといったような用途のほうが使いやすいかもしれません。滑り止めのシリコンは付いているので、展示用途やレシピブック等にはもってこいです。

テレワーク等でパソコンでの使用をお考えであれば、より剛性の高いモデルをおすすめします。僕が買ったAmazonで2,999円のモデルは、アルミ製で剛性も高く、20kgまでの耐えられるので、カバーできないノートパソコンはないはずです。調整できる段階も豊富で、ユーザーの環境に合わせて自由に調節できる本格的なモデルになっています。

テレワークで使おうと思っているなら、ぜひ耐久性の高そうなのをチョイスしてみてくださいね。

こちらもチェック!

みずにゃん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

うらにゃん

こちらもチェックしてみてください!

みずにゃん

スポンサードリンク