【レビュー】ダイソーの330円タブレットスタンド(クランプタイプ)が神だった!

今日はこんな記事です

ダイソーへまたまた行ったら、330円のタブレットスタンド(クランプタイプ)を発見。フレキシブルアームと360度回転するホルダーの組み合わせで、自由自在にタブレットやスマホを固定できる優れもん。今回は、このタブレットスタンドを使って”寝スマホ環境”を構築してみました。

330円のタブレットスタンドを発見!

最近100円ショップレビューが続いています。
なぜかというと、ロケットニュース24の100円ショップレビューでおなじみのGO羽鳥さんがダイソーで1100円のフルワイヤレスイヤホンを見つけた、という記事を見て、このフルワイヤレスが欲しくて普段よりダイソーに通う頻度が増えてるのですよね・・・w

副産物としてApple Watchガラスフィルムとか550円扇風機とか発見してすでにめっちゃ読んでもらえてるので嬉しい限りなのに、フルワイヤレスが見つからず・・・。

やはり、大型店が近くにない郊外住みって100均レビュアーには辛いよねw

今日も郊外のダイソーにはフルワイヤレスの姿はありません。ですが、ググってもまだ誰もレビューしてなさそうだったブツを拾って帰ってきました。

それが、今回紹介する、330円「タブレットスタンド(クランプタイプ)」です。

これまで、100円ショップには多彩な種類のタブレットスタンドが売られています。折りたたみ式だったり、オーソドックスなのだったり。なかにはタブレットスタンドにもなるブックスタンドまでダイソーで売られています。

今回のダイソーの330円タブレットスタンドが従来のものと何が違うかというと、クランプタイプ、つまり自立式ではなくデスクなどに挟み込んで使うタイプです。そして、360度回転できるフレキシブルアームを採用しているので、構図を自由に決められる点が、一線を画するところです。

すでに3COINS(300円ショップ)では同様のものが500円+税で売られていますが、今回のダイソーのはさらに200円安くなってて、ダイソー製品なので手に入りやすい点も魅力。

このクランプタイプのスタンドは、330円のタブレットスタンドと、220円のスマホスタンドの2種類が展開されています。スマホだけの方はスマホスタンドで充分でしょう。

幅広い端末に対応

このタブレットスタンドは、最大16cmまでのホルダーを採用。パッケージではiPad(旧型Airかな?)が使用されていますが、11インチくらいのサイズであれば余裕で対応できます

一方のクランプは8cmまで対応。薄いテーブルから、分厚いパソコンデスクやテレビ台でも使えます。フレキシブルアームは最大59cmまで伸びる仕様です。

カラーはホワイトとブラック。シルバーカラーのタブレットも多いので、シルバーの設定があるともっと良かった気がします。

アームの先端は球状になっています。この先端を入れて、留め具をねじ込んでおくことで、ホルダーの360度回転が実現できているわけです。

クランプはシンプルな構造で、くるくる回して留めるだけ。鉄道模型のブックケースも余裕で挟める大柄のクランプです。

あとは端末をホルダーに挟むだけです。タブレットの場合、横方面でホルダーをはめることになりますが、ホルダーが回転するので、縦画面でも使えます

iPad(第7世代・10.2インチ)も余裕で取り付きます。iPadはアルミボディで重めなので、立て方とアームの伸ばし次第では若干不安定にはなりますが、うまくセッティングすれば安定して使える感じでした。

V60 ThinQも余裕で入る

スマホも、よほど小さいものでなければ、縦方向でホルダーにはめ込めます。小さい部類に入るiPhone SE(第2世代)でも問題なくはまりました。もちろん横画面でも使用できるので、スマホで動画を見たいときにも役立ちます。ホルダーの取っ手は穴が空いているので、充電ケーブルやイヤホンを挿してもOKです。

2画面スマホの本領発揮!?

先日から導入しているLGの2画面スマホG8X ThinQV60 ThinQ 5Gは、2画面で開くとちょっとしたコンパクトタブレットのサイズですよね。

ということは・・・ということで、2画面の状態でホルダーに挟んでみたところ、横位置でも縦位置でも見事にハマりました。アームもガッチリしていて安定しています。2画面だと手の持っておくとだいぶ重くなって待ってホールド感が劣るので、こうやってハンズフリーにしておくとめっちゃ捗りそうですね。

ただし、Dual Screen側が薄いこともあり、ヒンジに負担がかかる気がします。幸いDual Screenは軽量なので、通常のスマホのように本体側をホルダーにはめるのが一番安定のようです。そのほうが充電もしやすいですしね。

寝スマホ環境を構築!

今回、このタブレットスタンドを活用して、寝床に“寝スマホ”環境を構築してみました。

とあるリサイクルショップに55円で置かれていた正体不明の収納(?)を土台にして、そこにクランプで挟んでみました。収納部に充電用の電源タップとかメガネケースとかも集約できたので、散らかり気味だった枕元がとってもスッキリしました!

そして、寝っ転がった状態でiPadやV60 ThinQを操作できるのが、すごく楽です。こいつらは手に持つと結構重くて使い勝手が落ちちゃうので、こうやってホルダーに挟んでおけば動画視聴なんかも捗ります。まさに最高のぐうたら空間のできあがりですw

これは人をダメにするタブレットスタンド

結論を書くと、これは”ぐうたら空間構築アイテム”です。寝ながら動画も見れて絵も書けちゃう・・・ということで布団から出られなくなる確率大です(笑)

冗談は抜きにして、デスクワークやテレワークにも使える普通に使い勝手の良いタブレット&スマホスタンドだと思うので、買って損はなしです!

みずにゃん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

うらにゃん

こちらもチェックしてみてください!

みずにゃん

スポンサードリンク