【レビュー】ダイソーから220円の「自撮りライト」が登場!

みずにゃん

ダイソーから、220円の「自撮りライト」が新登場です。スマホに挟んで、暗い場所でも明るく自撮りができるという便利アイテム。今回はこの自撮りライトがどこまで使えるのか試してみました!

ダイソーからも撮影ライトが初登場!

今年は”リングライト元年”と言ってもいいくらいに、各メーカーから撮影や自撮り用のリングライトが売りに出されました。そんな中、100円ショップでも、キャンドゥを中心に「LEDリングライト付スマホスタンド」とか、「撮影ボックス」などが発売されています。
また、リングライトについては、先日のドスパラさんのツイッターキャンペーンで当選した8インチLEDリングライトもこれまでにレビューしています。

100円ショップではキャンドゥが先駆者として多数の製品を出しているスマホ撮影グッズですが、今回、ダイソーでも撮影用のリングライトが登場しました!

今回、ダイソーで登場したのは220円(税込)の「自撮りライト」です。この「自撮りライト」はスマホに挟んで、スマホのインカメラで自撮りをより明るくできるアイテム。今回は、この自撮りライトで実際にいろいろ試してみました!

この自撮りライトはダイソーオリジナル製品ではなく、株式会社グリーンオーナメントの製品です。

三段階の明るさ調整が可能

この「自撮りライト」は、スマホに挟むタイプの小型のリングライト。10mmの厚さのスマホまで対応していますので、折りたたみ式やデュアルスクリーン式などの例外はあれど、大半のスマホであれば問題なく使用できるかとは思います。開口部も広いのでASUSのようなフリップ式のインカメでも大丈夫。
挟み込む部分には滑り止めも付いているので、安定して自撮りが可能になっています。

装着例

色は白色。30SMDを採用したLED方式。明るさは3段階から調整ができます。周囲の暗さ・明るさに応じて切り替えができるのが嬉しいですね。切り替えボタンは電源オンオフボタンと共用で、上部にあります。

  • Lv1:20ルーメン 53mA
  • Lv2:52ルーメン 155mA
  • Lv3:78ルーメン 260mA

使用電力は単4乾電池2本で、Lv3のときで60分、つまり1時間持続するとパッケージには記載がなされています。

実際に自撮りしてみた

ここでは、実際に自撮りをしてみました。元が明るめの場所(マクドの店内)なのであまり参考にはならないかもしれませんが・・・。(iPhone SEで撮影しています)

何もなし
自撮りライトLv2

雰囲気がふわっとして少し雰囲気は良くなっていますが、このライトの光源がメガネで反射しています。眼鏡の人は、眼鏡にこのライトの光源が反射してしまうことがあるので、眼鏡の人には不向きかもしれませんね・・・。

光源なし
自撮りライトの光源あり Lv3で撮影

試しにメインカメラでブツ撮りもしてみました。モノによってはこのパッケージもそうですが反射があるのでモノ次第ですが、ちょっとしたブツ撮りなら使えるかもしれませんね。というか、こっちの使い方のほうが個人的にはツボでした・・・(笑)

220円ならもう少し工夫が欲しかった

個人的には、220円なのでもうひと工夫があっても良かったのに、と思いました。例えば、光源の色が選べるとか、USB充電できる仕様だとか。

また、眼鏡の人が使うと眼鏡で反射してしまう点もあり、使う人を選ぶ製品かな、と個人的に思いました
ですが、自分で証明写真を撮ったり、夜景のきれいな場所でインスタ映えしたいときなどには一度使ってみる価値はあると言えそうです。

とりあえず、ダイソーで簡単に手に入るので、一度試してみてはいかがでしょうか?

みずにゃん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

うらにゃん

こちらもチェックしてみてください!

みずにゃん

スポンサードリンク