【レビュー】ダイソーのA5システム手帳は550円とは思えない高品質!

今日はこんな記事です

今持っているものとは違うシステム手帳がほしいと思い、ダイソーの550円A5システム手帳(6リングバインダー)を購入しました。質感や使い勝手を検証してみます。A5バインダーで使える100円ショップのリフィルも合わせて紹介します。

ダイソーシステム手帳の大型モデルを購入

システム手帳を買ってからというものの、システム手帳にすっかりハマっています。「RIHUA」のA6システム手帳をスケジュール管理&決済用で常用していますが、これとは別に勉強時のメモと簡単な日記をつけようと思い、別にシステム手帳を買うことにしました。

▼こちらもどうぞ
【レビュー】多彩に使える「RIHUA」のレザー製システム手帳を購入!

自宅で使うのがメインなので、少し大きくてもいいので使い勝手のいいものを、と思い、ダイソーで550円A5サイズのシステム手帳を購入しました。前回購入したバイブル(A6)サイズの「BUENONA」(330円)とも比較してみたいと思います。(前回購入したBUENONAは、レビュー後うらにゃんの手帳になっています)

▼こちらもどうぞ
【レビュー】ダイソーで330円のシステム手帳を買ってみた

ダイソーのシステム手帳の最大の魅力は、もちろん価格です。この手のシステム手帳はAmazonの中華ブランドでも2~3千円はするものですが、ダイソーは外装などで安価な材質を採用することで、550円の価格を実現しています。

正式な商品名は「6リングバインダー」となっています。型落ち気味となっているBUENONAと違い、A5システム手帳は最新のパッケージです。「BUENONA」みたいなサブネームは付けられていません。パッケージだけでは、とうてい550円の安物には見えません。本体色がシンプルなブラックなのも安っぽさを感じない理由の一つです。

本体は塩ビ素材です。パッケージを開けてみると、たしかに感触では塩ビの安っぽさは感じられますが、BUENONAで感じたペラさが薄らいでいて、思ったよりは安っぽく見えません

ベロ(?)の部分はBUENONAとは異なり、RIHUAのようなマグネットが採用されています。マグネットのほうが開け閉めしやすいので、マグネットで正解だと思います。

罫線リフィルは70枚付属しています。紙質は100円ショップのリフィルとしては優秀。BUENONAのペラッペラな真っ白い付属リフィルと違い、実用本位にできていると思います。

左サイドにはカードホルダー、右サイドにはペンホルダーを装備しているのはBUENONAと同じ。サイズが大きい分、収納量もアップしています。

スポンサードリンク

リフィル選びが楽しい

A5サイズのシステム手帳を選ぶ魅力は他にもあります。100円ショップでリフィルが選び放題になるのです。

バイブルサイズのリフィルはほとんど置いていないので、メーカー製のちょっと高いのを買い揃えていかないと使いこなすことができませんが、A5サイズならダイソーやセリア等の100円ショップでも各種充実しています。

amifaのリフィルは女子向けだけど実用性抜群

「amifa」のウィークリーリフィルは、女性向けのかわいいデザインが特徴。見開きで一週間分となり、スケジュール管理から簡単な日記まで、幅広い使い方ができちゃいます。30枚入っているので、2セット買えば丸一年対応できます。

デザインは女性向けに全振りではありますけど、紙質も良く、実用性は充分です。

これ以外にも、学生さんのスケジュールに便利な学習用のリフィルなど、ほかのバリエーションも豊富で、色々試してみたくなります。

amifaのリフィルはダイソーだけでなく、セリアやキャンドゥなど、他の100円ショップにもおいてあるので、要チェックです。

充実したバリエーションのクリアポケット

ダイソーオリジナルのクリアポケットシリーズも充実しています。

「クリアファイル」は、10ポケット入ったクリアファイルが2枚入っています。2枚とも入れると20ポケットとなり、はがき、L版写真、チケット、レシートなどをすぐ収納できます。

「カードホルダー」は、カードポケットを1枚あたり6ポケット。これが4枚入りなのでカードや名刺を24枚収納できます。バイブルサイズの名刺ホルダー(レイメイ藤井製)が6ポケット×5枚で本体400円近いお値段と考えると、この収納量で110円なのはとても安いと思います。

これ以外にも、ジッパー付きなど、こちらもバリエーションが豊富。用途に応じて選べるのが嬉しいですね。少量づつ買い揃えたいときにもダイソーのクリアポケットは便利です。

BUENONAと220円差とは思えない高品質

今回購入したダイソーの550円システム手帳は、見た目や質感よりも実用本位に徹していて、外歩きでも充分常用できるクオリティだと思います。

バイブルサイズのBUENONAはやや貧相な感じで外歩きよりかは家用途のほうが向いていそうですけど、A5システム手帳は外へそのまま持っていっても大丈夫な感じがしました。シックなブラックデザインなので、ビジネスマンが使ってもなんら違和感を感じない点も魅力です。

ただ、リフィルが可愛い系が多い印象を受けたので、amifaリフィルに合う、女子向けのデザインのバリエーションがあっても良いのかな、というのが僕の感想です。BUENONAにはカラバリがありますが、BUENONA同様にカラバリ展開されているとより選ぶ楽しさが出てくるのでは?と思います。

サイズにこだわりがなければ、BUENONAのお値段に220円プラスして、こちらのA5システム手帳をチョイスされることをおすすめします。

今まで手帳に馴染みのなかったデジタル世代でも、一度手書きに慣れると手書きの良さを実感できます。よかったら試してみてくださいね。

こちらもチェック!

みずほちゃん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。こちらもチェックしてみてください。

スポンサードリンク

この記事を書いた人

なすのぞみずほ
なすのぞみずほDreaming Factory 代表
Dreaming Factory代表
尾張国民。結婚前提で同棲中のイーブイメガネを掛けた男
趣味は鉄道(乗・撮・模型)、カメラ、PC、オーディオなど。

★ピグパーティー ID:PT-1821-6163 でやってます。フレ募集中!

<WORKS>
・「チャレンジ!!ボッチャ駒来」サークルサイト制作
・「ヒグチ写真店」様ウェブサイト制作
・Aichi WordPress Meetup #9登壇「レンタルサーバーの選び方」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう