【レビュー】基本0円!自分好みにトッピングできる「povo2.0」を契約してみた

みずにゃん

au(KDDI)のオンラインプラン「povo」が2.0にバージョンアップしたことで、基本料金無料でトッピング絵を大いに活かせるプランに!従来よりもかなり安く維持できるので、サービス開始初日に早速申し込んでみました!

トッピングをカスタマイズできるpovoがバージョンアップで基本0円に!

どうも、みずにゃんです。

今年は携帯キャリア各社が揃ってオンラインプランを打ち出し、携帯料金が廉価になるきっかけを作ってくれました。僕もメイン回線をドコモのahamoへ切り替え、ソフトバンク回線のプラン格下げ、1GB未満0円による楽天回線の継続で対応してきました。
その後も、かけ放題をahamoへ集約化させ、ソフトバンク回線は光回線とiPhoneの割賦を払っていくだけの”寝かせ”となっています。

「ahamo」「povo」「LINEMO」とオンラインプランが相次いで始まった後も、LINEMOはミニプランを打ち出すなど、ほぼ横並びだったプラン内容が崩れてきて選択肢が広まってきています。

その中で、KDDI(au)の「povo」は”使い方に応じてトッピングができる”ことを最初から強みとしておられました。このトッピングは、他社と差別化できていて面白いなあとは思っていましたが、その「povo」のプラン内容が見直され、「povo 2.0」へアップデートされました

「povo 2.0」では、povoの特徴であるトッピングを活かすため、「基本料金0円」にして、データや通話などをトッピングで課金してもらう、大胆なスタイルにフォルムチェンジ。180日間に一度でもトッピング課金(最低料金220円)していれば、その間は0円で維持し続けることができちゃうのです。サブ回線や寝かせにも使えるかと思います。

データ・通話のトッピング。データは都度決済となる
コンテンツトッピングは現在2種類。

ちょうど、iPhone SEのeSIM枠と、ファーウェイP20のスロット2が空いています。せっかくなので、まずはiPhoneのeSIMにこのpovo2.0を新規契約してみることにしてみました!

申込みはアプリ上から

申込画面。アプリで申し込んで進めていく形だ

従来の旧プラン(1.0)はウェブサイト上からの申込みでしたが、2.0では専用アプリからの申し込みとなっています。サービス開始初日(2021/09/29)の11時20分には申込みの混雑も解消し、スムーズに手続きできるようになっていました。

eSIMの場合は、eKYCによる本人確認となります。運転免許証とクレジットカード(一部デビット・ブランドプリペイドも契約OKらしい)だけ用意すれば申し込めます。

僕の場合は、三菱UFJ銀行のVISAデビットで申し込みましたが、問題なくパスしました。三菱UFJのデビットカードは年会費無料なので、とりあえずデビットが欲しいって人にも好適。PayPalなどでも使えますよ!

本人確認(加入審査)には1時間強を要します。11:30に申し込みして、12:45に本人確認(審査)完了のメールが届いていました。このメールが来たら、eSIMの設定に進めます。
eSIMの設定では、まずQRコードを他の端末で撮り、その撮ったやつをiPhoneで読み込ませました。すると、副回線として「KDDI」が読み込まれました。

僕のiPhoneはiOS14.5でソフトバンク購入端末なので、設定アプリから「端末情報」のページを開いて、情報のアップデートが必要です。そうするとバリ表示が「povo 4G(または5G)」になり使用できるようになります。最後に111への音声通話で開通テストを行って、完了です。

低速通信でも不便なし。高速通信の気になる速度は?

povo2.0アプリのトップ画面

音声通話については問題なく行えました。ahamoで使っているV60 ThinQ 5Gからの着信も問題なし。

データ通信ですが、トッピング無しの状態だと低速通信(最大128kbps)となります。体感で言えば、「阿部寛のホームページ」を表示させるのに4~5秒くらいです。LINEの送受信もそこまでラグがなく普通に使えます。

気になるのは高速通信の速度です。ということで、「データ容量1GB(7日間)」のトッピング(390円)を購入してみました。デビットで申し込むとGMOの決済システムを通じて即時で口座から引き落としてくれるので、後日の払い忘れの心配がありません。

低速通信時
高速通信時

低速通信時と高速通信時の速度を比較してみたところ、低速通信時はおおむね50kbps、高速通信時は15Mbps前後で安定しています。高速通信時の体感は、Twitterのタイムラインがサクサク動くレベルで、下手したらソフトバンクやahamoより速いんでは?という快速っぷりです。

PayPayのコード表示も遅延無いし、動画やゲームも問題なく動いています。

同じく0円で回線維持できる楽天モバイルと比較すると、段違いに速度や安定性に差があります。iPhoneのeSIMで楽天は圏外だらけでダメダメでしたが、povoはバリ4本ちゃんと立っています。さすがauの回線なだけはありますね。

自分でコントロールできるならアリ!

ということで、povo 2.0を新規契約してスマホ回線が4回線となってしまったお話でした。

auの通信速度は思った以上に高速で、とても満足できる通信クオリティでした。トッピングとギガ活を大いに生かして自分でデータ量の管理やコントロールできる人なら、povo 2.0は非常にアリな選択肢だと思います。複数回線持っていても、基本0円なのは変わりなし。楽天の1GB以下0円(1回線目だけ)が霞んで見えちゃいます・・・。

事務手数料もかからないし新規契約もラクラクなので、ぜひ試しに使ってみてはいかがでしょうか?

みずにゃん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

うらにゃん

こちらもチェックしてみてください!

みずにゃん

スポンサードリンク