オーレックスの「SC-Λ90F」を探しています。詳しくはこちら。

オーディオテクニカ

オーディオ

オーディオシステムの近況報告・2020年3月~4月前半

オーディオシステムがまた進化を遂げました。アンプのセパレート化に着手、セパレートアンプが2システムの陣容に変化しました。さらに、レコードプレーヤーをマイクロの高級機に一新。ヘッドホンもスペックの良い高級機が入り、聴くのがますます楽しくなっています。
100円グッズ

100円ヘッドホンにドライバを移植したら音は良くなるのか!?

セリアやキャンドゥなど、多くの100円ショップで販売されている丸七のヘッドホン。そのままでは残念な音なので、オーディオテクニカの耳掛け式「ATH-EQ300M」が余っていたので、ドライバーを移植してみました。果たして音は良くなるのでしょうか!?
イヤホン・ヘッドホン

オーテクの開放型エントリー「ATH-AD500X」は高コスパヘッドホンだった!

「アートモニター」と並ぶオーディオテクニカの主力シリーズが「エアーダイナミック」というオープンエアー型のシリーズです。そのエアーダイナミック末弟の「AYH-AD500X」は、上位モデルの思想を継承しつつも、実売1万前後というハイコスパなのが最高のヘッドホンです。
イヤホン・ヘッドホン

アートモニターの3.5世代機「audio-technica ATH-A55」を購入

オーディオテクニカの代表シリーズ「アートモニター」。ATH-A55は2001年に発売されたアートモニターのエントリーモデル。解像度は取り立てて高くはないけど、シャキシャキとした元気な音を奏でてくれるヘッドホンです。そんなA55のイヤパッドを交換してみました。
イヤホン・ヘッドホン

オールドヘッドホン!PIONEER SE-205【終・ATH-T200ドライバー移植編】

前回、パイオニアSE-205にATH-EQ300Mを入れましたが、ドライバーの小ささゆえに納得行く音になりませんでした。そこで、よりドライバーの大きいATH-T200のドライバーを移植することにしました。果たして音質は良くなるでしょうか!?
イヤホン・ヘッドホン

オールドヘッドホン!SE-205【ATH-EQ300Mをぶち込む編】

PIONEER SE-205にPioneer SE-M555Vのドライバーを仕込むも、失敗で終わってしまいました。次なる手として考えたのが耳掛け式ヘッドホンをそのまま入れちゃう方法。オーディオテクニカのATH-EQ300Mがあったので、組み込んでみた話です。
スポンサーリンク