【TIPS】macOS Mojaveで連係カメラが使えない時の確認事項

【TIPS】macOS Mojaveで連係カメラが使えない時の確認事項

 

macOS 10.14 Mojaveの正式リリースから2日。

新機能のひとつである「連係カメラ」機能が有効にならないという書き込みを各所で見かけます。
無効のときは「写真を取り込む」の部分がグレーアウトします。

331名称未設定2018/09/26(水) 18:47:36.69ID:0QSs86KY0
iPhoneからの読み込み機能ですが、
どうやったらiPhoneを認識するのでしょうか?
iCloudのサインインのやり直し、
無駄にBluetoothでiPhone繋いでみたりしましたが、
読み込みメニューではグレーアウトしてます。
出典:macOS 10.14 Mojave その3(5ちゃんねる)

連係カメラが有効にならないときの対処法をまとめました。

連係カメラが使える端末を確認

連係カメラは、2012年モデル以降のMacと、LightningとiOS12に対応したiOSデバイスが必要です。


当然ですが、MacもiPhoneも最新OSにする必要があります。

MacがそもそもMojaveになっているか、そしてiPhoneをiOS12へアップグレードしているか、それぞれ確認しましょう。

iOS12へは設定アプリ→「ソフトウェアアップデート」でアップデート可能です。

 

<スポンサードリンク>



 

Apple IDの状態を確認

次にApple IDの状態を確認しましょう。連係カメラを使用するには同じApple IDでサインインする必要があります。
同じApple IDでログインして、まだの人は念のため2ファクター認証も有効化しておきましょう。

 

Handoffのオンを確認

連係カメラの有効化に、Handoffの有効化が必須です。
以下の方法で確認してください。

■Mac
「システム環境設定」→「一般」→「このMacとiCloudデバイスとの間でHandoffを許可」にチェック

■iPhone
設定アプリの「一般」→「Handoff」でオンオフできます。

Bluetoothはオンになっているか?

Bluetoothが接続されているか確認します。
MacのBluetoothをオンにした上で、iPhone上でBluetoothをオンにしたMacを選択し、接続済みの状態にします。

Wi-Fiは必須ではないようですが、Wi-Fiを使っている場合は同じWi-Fiに接続しておくといいでしょう。

それでもダメなら再起動

ここまでの手順を踏んでやっと連係カメラが使用可能になります。

しかし、それでも機能しないことが多いようです。
その際は必殺「再起動」をすることで使用できるようになりますので、一度再起動してみましょう。

 

自分も引っかかってAppleサポートに電話して解決したクチです。
どうぞ参考まで。

 

 

***

鉄道模型の所有状況は別館にて随時更新しています。

***

↓「てつぱら!」はブログランキングに参加しています。クリックしていただけるとお兄さん喜びます。

<スポンサードリンク>


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Macカテゴリの最新記事

【TIPS】macOS Mojaveで連係カメラが使えない時の確認事項

time to read: <1 min
Return to Top ▲Return to Top ▲
成長因子育毛剤