今日はこんな記事です

PS5を導入する代わりに、「A列車」「シティーズスカイライン」用にゲーミングPCを一台導入することにしました。安価で出ていたASUSのグラボなしゲーミングPCに、GTX1060を付けて、ゲーミングPCが一台できあがりました。結果、メインPCとなりました。

PS5導入に代わるゲーミングPC導入計画!?

プレステ5の発売日が来月12日に確定し、多くの店舗で抽選販売がなされることとなりました。
PS5の購入を前から考えていてPS5に備えて4Kテレビまで買ってしまっている僕ですが、PS4版「A列車で行こう」しか今の所やりたいゲームがない僕にとっては、PS5はとても高い買い物です。

PS5はNintendo Switchのようなハイブリッド機でもないし、ゲームするだけの単機能であることで、せっかく買ったとしても使わなさそうな予感がしました。

PS5用の5万円の予算で、ゲーミングPCを買うことができれば・・・。

そう考え始めたことが、方針を変更するきっかけとなりました。

そもそも、PS4版A列車はPC版「A列車で行こう9(A9)」を移植したものであり、A9をPCでやればいい話なんですよ。

それに、ゲーミングPCならSTEAMで購入した色々なゲームを楽しめるし、今Switch版でプレイしている「シティーズスカイライン」をPCでやればMODで自由自在、日本風の街も再現できます(↓こんなの)

当然ながらPCならゲーム以外の用途もイケるし、PS5と比較して用途が豊富なことでこちらのほうがバリューあるかな、と思ったんです。

ですが、予算5万では厳しいのでは?

否。

僕は5万でお釣りが来る値段でゲーミングPCを構築したのです。

ASUS「GL12CP」のi5モデルを安くで購入

いろいろ探していたのですが、ASUSのゲーミングPC「ROG STRIX GL12CP」のCore i5モデルが出品されていました。

中はグラボが欠品しているのみで、それ以外は動作確認が取れていて、34,000円という安価で出ているではありませんか。

搭載プロセッサは第8世代のCore i5 8400で2世代前ですが、同価格帯で出ている第2~5世代くらいのオンボロゲーミングを買うよりはずっと性能は良いはずです。

スペックは以下の通り。

  • Core i5 8400(6コア6スレ・4K対応オンボ)
  • 16GB DDR4メモリ
  • 1TB HDD(Win10 Home インストール済)
  • DVDマルチドライブ
  • 無線LAN、Bluetooth、光デジタル出力

マザボにもHDMI出力があるので、オンボで4K画質で使用できます。


デザインはゲーミングらしいガワですが、珍しく光り物じゃないし、microATXサイズのコンパクトボディなので、置き場所に困りません。microATXなので将来スペックが足りなくなっても、Ryzen化が容易ですね。

OSはクリーンインストールし直しました。本当は手持ちのSSDに入れたかったのですが、失敗したので元のHDDで入れ直し。バージョンを2005にしていますが不調なく快適に動いています。

グラボはGTX1060に決定!

購入したGL12CPにグラボが入っていなかったため、別途グラボを調達しました。

GL12CPのi5モデルはもともとGTX1050らしいのですが、GTX1050を買うくらいなら、とワンランク上のASUSのGTX1060の6GBモデルを購入しました。

このグラボはASUSのGTX1060の中でもオーバークロックに対応した高性能モデル。補助電源が必要ですが、GL12CPの電源に予めPCIe端子がついているので、問題なく動作できます。

A列車9はVer4からスタート

せっかく「A9」用のPCを組んだので、A9も早速探してみます。

A9はVer1~5のバージョン別に販売されていて、Ver5.0がファイナルエディションとなっていて最終版です。

A9のVer5.0は以下の3パッケージで販売がされています。

  • ファイナルエディション(¥5,800):Ver4ユーザー用
  • アディショナルパック(¥10,800):Ver3以前のユーザー向け
  • コンプリートパック(¥16,800):新規ユーザー向け

内容はすべてVer5までの全パックと「JR東海パック」が収録されています。初心者の方はコンプリートパックを購入するとオールインワンで揃えられますが、その分お値段は高めです。

そこで過去バージョンを探ってみると、Ver4.0のコンプリートパックが激安で出ていたので購入。ライセンス認証の可否が不明だったため.ちゃんと認証が通るか賭けに出てみたのですが、無事ライセンス認証まで通りました。

このVer4.0を買っておけば、Ver5.0にしたいときに五千円ちょっとの追加出費で済ませられます。おかげでVer5.0のコンプリートパックを買うよりも大幅に安く済ませられそうです。

A9は元が古いソフトなので動作環境の要件が低く、当方の環境であればバリバリ快適に動くかな、と思います。MVMeのSSDにしたらより快適になるでしょうね。313系で遊びたいので、ファイナルエディションもまた近々買う予定です。

チョイスが超マイナー車両で草

ストレスのない動作速度に大満足!

PS5の処理能力に比べれば劣る部分も多々あるでしょうけど、個人的な用途だったら充分な動作速度で、大満足の行くレベルでした。

気になるお値段は、GL12CPが¥34,000、GTX1060が¥13,800で、トータル¥47,800、つまり5万円でお釣りが来て、PS5のディスクモデル(定価¥49,800+税)より安価に組むことができました。

今リリースが予定されているPS5ソフトで個人的にやりたいゲームは概ねSwitch版やPC版で出てくれるので(「ぷよぷよテトリス2」はSwitch版を買おうと思ってる)、たぶんPS5も買わずに終わってしまうでしょうね(それよりも来年出るであろうSwitch Proが気になる。笑)

ゲーミング用途で組んだものですが、彼女(うらにゃん)が来たときにはYoutubeやApple Musicの再生機となり、ブログ執筆にも大活躍。いつのまにかMacBook AirをさしおいてメインPCの座に上り詰めそうです。
うらにゃんのおかげで、ゲーミングPCの活用度は200%ですね!(〆)

みずほちゃん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。こちらもチェックしてみてください。

スポンサードリンク

この記事を書いた人

アバター
なすのぞみずほ
尾張国に住むクソ人間(彼女持ち)
愛機はMacBook AirとNikon D610

趣味は鉄道(乗・撮・模型)、カメラ、PC、オーディオなど。

<WORKS>
・「チャレンジ!!ボッチャ駒来」サークルサイト制作
・「ヒグチ写真店」様ウェブサイト制作
・Aichi WordPress Meetup #9登壇「レンタルサーバーの選び方」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう