今日はこんな記事です

オーディオシステムが生まれ変わりました。ヘッドホン周りではSTAXが大増殖。イヤースピーカーが3本と、ドライバーが4台増えました。そして、念願だったAurexのSC-Λ90Fをついに入手。インフィニティ、STAX、Aurexの3重奏で楽しめるシステムの完成です。

前回の近況報告からはや3ヶ月以上。

この間に、大きい動きができてきたので、今回はオーディオの近況をまとめてご紹介します。

マランツのAVアンプを導入

ある日、ハードオフの定期巡回へ行ったのですが、ジャンクコーナーに転がっていたのが、マランツの「SR6003」というAVアンプでした。

ヤマハのAVアンプを聴かなくなってから、こういう類のジャンクAVアンプを買うのを避けていたのですが、このSR6003はHDMI端子を備えていて使い勝手が良さそうだったので、買ってきました。お値段は¥5,400なり。

家に帰って聴いてみると、ヤマハのそれとは違うニュートラルでスッキリした音。味付けは薄いですが、テレビの音声を聴いたり、平日にサクッと聴くにはいい感じだと思いました。

M-1デザインは見ていて飽きません。リモコンが付いていないので操作に制限があり、そこがヤマハと比べてイマイチではありますが、コンパクトで良い機種です。今ではAVシステムの一員として平日夜のお供になっています。

スポンサードリンク

STAX祭り、勃発!

この間、“STAX祭り”イベントが発生しちゃいました(笑)

“木箱付”SRD-7/MK2を破格値でゲット

STAX製スタンドとSR-303

まず入ってきたのは、アダプター「SRD-7/MK2」とイヤースピーカー「SR-303」のコンビ。SR-303はそれまで使ってたSR-202の上位モデルで、PCOCCコードを採用、イヤパッド等の質感もアップしています。
一方のSRD-7/MK2は、ヤフオクでは3万円台という高価な相場を維持している希少モデル。現在の規格であるプロバイアス用のコンセントがついている点が、人気の秘訣。

このSRD-7/MK2が、元オーナーの手により各所改造され、ウッドケースに入った状態で届きました。もちろん、正常に動作しています。このコンビ、お値段はなんと¥38,000!激安やないですか?(笑)

ポータブルにもなるアダプターを破格値でゲット

SRD-7/MK2とSR-303で満足していた僕ですが、8月に入ってハードオフの定期巡回へ行ったところ、ジャンクコーナーのガラスケースに「SRD-X Professional」が動作未確認で転がっていて、衝動買い。SRD-X Professionalは、電池駆動も可能でポータブルにもなるドライバーユニットです。

お値段は¥7,700!激安やないですか?(笑)

合わせて買ったACアダプターを付けたところ、正常に動作したのでマジでラッキー!芯が太く、コシのある音です。

半世紀前とは思えない音質のSR-3を破格値でゲット

その後、某フリマを見ていて、50年以上も前のオールドイヤースピーカー「SR-3」が出品されていました。付属のアダプターはまたもやSRD-7/MK2(今度はオリジナル)

お値段はセットで¥12,000!激安やないですか?(笑)
こりゃSRD-7/MK2だけで元が取れるな、と思い何も考えず(笑)

珍品のSRD-7/mk2がウチに二台いる不思議(笑)

届いたSR-3はワンオーナー品で半世紀前のものとは思えないくらいきれいな状態でした。聴いてみて、その音に驚いた。なんせ、今まで聞いたイヤホン・ヘッドホンの中で一番音が良かったのですから。

真空管式のドライバーを破格値でゲット

そして、”極めつけ”は月末にやってきました。何気なしに某フリマを覗いたら、真空管式のハイエンドドライバーユニット「SRM-T1S」と高級イヤースピーカー「Lambda Nova Signature」がセットで出てました。

気になるお値段は・・・なんとセットで¥30,000!激安やないですか?(笑)

STAXドライバー大集合になりつつある(笑)

届いたSRM-T1Sはまるで綺麗。柔和で聴きやすい仕上がりに、僕は大満足です。Nova SignatureもイヤーパッドをSR-202からひとまず移植して、表現豊かな音に浸ってます。装着感以外は大満足!


激安やないですか?、としか言ってないような(笑)

こんだけ増えたけど、どれもヤフオク相場より大幅に安く買えて、全部当たりだったのですから。これだからSTAXはやめられないw

念願のAurexへの統一、叶う

プリアンプをAurexのSY-Λ90としたことで、パワーアンプもSC-Λ90Fにしてイトケン邸のセカンドシステムと同じアンプ構成にしたい、と思ったのはSY-Λ90を手にしてそんなに経たない頃です。

5月、整備品をタッチの差で逃してしまった僕は、すでに当ブログで募集をかけているのですが、タマ数の少ないアンプとだけあって、出品されるのを待つしかありませんでした。

そしてつい先日、ついに出ました。通電確認しかされていなかった個体ですが、なんとプリ(SY-Λ90)と同時に出てきたのです。

結果、僕は無事SC-Λ90Fを落札できました!!ちなみに、SY-Λ90はイトケンさんが落札されました。

届いたSC-Λ90Fはちゃんと動作しました。これで、メインオーディオシステムのセパレートアンプのAurexへの統一が完了です。

ちなみにスピーカーリレーが寿命に来ているようなので、リレーの交換を予定しています。

次はCDプレーヤーの置き換え

スピーカーのインフィニティ統一、アンプのAurex統一が済みましたので、次はCDプレーヤーの置き換えを予定しています。サンスイのα617D Extraがピックアップ劣化で正常に動作しなくなったので、今月中にメインのCDプレーヤーを置き換える予定です。

それに加えて、隣室に置くサブシステムの導入を決めました。安物のプリメインと手持ちのスピーカーで組む予定です。主に来客時、YouTube等の音源を再生するように考えてます。

でも、急に何が飛んでくるかわからないのがオーディオの世界。次は何が来るのでしょうか!?

みずほちゃん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。こちらもチェックしてみてください。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう