今日はこんな記事です

「ミュースカイ」こと名鉄2000系は、名古屋と中部国際空港(セントレア)を結ぶ空港特急用の車両です。今年1月から3月にかけて、エヴァ初号機の塗装をまとった特別仕様が登場、グリーンマックスから早くもその特別仕様がNゲージで登場したので購入!

ミュースカイが、初号機になった

2005年の愛知万博に合わせて万博開会前に開業した”セントレア”こと中部国際空港。セントレアへの鉄道アクセスは名鉄が担うこととなり、常滑から空港島へ伸びる空港線が開業。新設される”空港特急”の専用車両として誕生したのが、「ミュースカイ」こと名鉄2000系です。

名鉄2000系は空港特急ということをアピールするため、従来のスカーレットの束縛を自ら解き、青と白で構成されたシンプルな出で立ちになりました。良くも悪くも名鉄のその後の新しいイメージを形成した車両ともいえます。

「ミュースカイ」は開業当初「快速特急」の一員でしたが、2008年の改正で種別が独立。以後、現在に至るまで名古屋〜中部国際空港を最速28分(※空港線開業時)で結んでいます。

今年1月、「エヴァンゲリオン中京圏プロジェクト ~名古屋・ささしまライブから世界に発信~」という企画に合わせ、1編成がエヴァンゲリオン特別仕様のラッピング車両となりました。

紫の初号機をモチーフとしたラッピングを纏い、前面にはNERVのロゴを配置したデザインとなりました。1月14日に運行がスタートして、3月まで運行されました。限定グッズ、限定きっぷ、期間限定のストアなど、名鉄としては盛り上げ方が大きかった印象です。

名鉄がラッピング車両を走らすことは珍しくはないのですが、ミュースカイへのラッピングは過去例が少なく珍しいといえます。

やっぱり製品化された(笑)

そのエヴァンゲリオン特別仕様のミュースカイが、早くもグリーンマックスより製品化されることとなりました。
ミュースカイを何度も生産し各社のラッピング車両もコンスタントに出しているグリーンマックスがエヴァンゲリオン特別仕様をいずれは出すと予想はしてましたが、予想以上に早い製品発表でした。

エヴァンゲリオンとコラボした鉄道模型関連の商品は数多く、TOMIXの500 TYPE EVAをはじめ、鉄コレの富士急、果てはエヴァラッピングのバスコレに至るまで、積極的に製品化されています。Zゲージに至っては、ロクハンがヤシマ作戦を再現した車両セットまで出るほどに熱狂的です。

破綻のない印刷クオリティに脱帽

さて今回のエヴァミュースカイ、当初7月発売の予定でしたが、生産の都合で8月に繰り下げは行われたものの、お盆明けに発売されたので、予約先のポポンデッタで引き取ってきました。

パッケージも特別仕様で、エヴァンゲリオンの雰囲気を味わえます。ジャケットは黒ベースでNERVロゴが大きくあしらわれています。ブックケースも初号機に合わせた紫色。「限定品」の表記が躍っています。

印刷はTOMIXやKATOと比較しても遜色ないハイレベルな仕上がりです。去年のセガトレインではまだ若干粗がある部分があったと思うのですが、今回のエヴァミュースカイは非常にかっちりしていて破綻がありません。初号機を模した塗装も問題なく、ミューマークや名鉄ロゴなど、ミュースカイに欠かせない車体表記も文句なし。
ただし、付属品の方向幕ステッカーについては印刷の仕上がりは今一歩です。

その他については、グリーンマックスの他製品と共通した作りです。屋根パーツは別途取り付けが必要で、常点灯は対応していません。

ヘッドライトとテールライトはしっかり光りますが、常点灯には対応していないので停車時にライトの光を楽しむことは厳しそうです。

動力はグリーンマックスではすっかりおなじみとなったコアレス動力ですが、今回も良いです。パワーパックのひねり方によってはロケットスタートになってしまうこともあるので、もうちょっと電圧等が調整されていると良いのかな、って感じがします。

エヴァ同士で並べるか、名鉄同士で並べるか

今回は名鉄車両なので、他の名鉄車両と並べたり、313系と並べたりするのがベタかとは思うのですけど、エヴァ同士で並べるのも面白いんではないかと思います。

TOMIXの500 TYPE EVAもまた、初号機をモチーフとした印刷です。車体の規格は違えど、どちらも初号機の雰囲気を楽しむことができます。今回のエヴァミュースカイは印刷面では500 TYPE EVAをも凌駕していたクオリティになっているのが並べてみるとわかりました。

実は僕、エヴァンゲリオンを見たことは一度もありません。でもエヴァは世界観が独特なので、エヴァのラッピング車両は見たことない人でも雰囲気を楽しめるモデルです。もちろん、作品を知りまくっている人なら、満足以外の回答はないでしょう。

みずほちゃん

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。こちらもチェックしてみてください。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう