【PR】誰でもできる「ボッチャ」、はじめてみませんか?
スポンサーリンク

【鉄道模型をはじめよう!】#07 Nゲージは”スターターセット”からはじめよう

鉄道模型をはじめよう!
この記事は約6分で読めます。

★次回記事・バックナンバーはこちらから 

鉄道模型ビギナーさん向けの解説シリーズ、クリスマス商戦に合わせて公開予定だったものが遅れてしまったものです。

今回はスターターセットについて解説します。

鉄道模型を動かすには

鉄道模型を動かすには、もちろん動力車が入った車両は必要ですが、この他に以下のものが必要になってきます。

・レール
レールについては以前解説しています

・パワーパック(コントローラー)
こちらも前回解説済です。

この3つが揃って、はじめて鉄道模型の運転が楽しめるようになるのです。鉄道模型の必須アイテムといえるでしょう。

さて、この3つはそれぞれ単品等で揃えていくことも可能なのですが、これら3つをオールインワンセットにした「スターターセット」もラインナップされています。

<スポンサードリンク>



スターターセットの特長

TOMIXホームページより引用

スターターセットは上で言った通り、車両、パワーパック、レールが全てトータルにセットされたもので、これ一つだけで走らすことが可能なのです。

車両はもちろん動力車付の塗装済み完成品ですから、一部でパーツの取付はあるにしろ、買ってすぐ遊んで眺めることができるのも大きな魅力です。

スターターセットは若い世代を主ターゲットとしているため、若い人に人気の高い新幹線、JR各社の通勤型・近郊型、大手私鉄の特急車両、今はなき夜行列車に至るまで、人気車種がチョイスされ、3〜4両の短縮編成がセットされます。別売りの増結セット等を購入することで、実車通りの10両フル編成等も容易に行なえます。

またメーカー完売など欠品の多い鉄道模型のジャンルの中では、比較的頻繁に再生産が行われていて入手性も容易です。

そのうえスターターセットは同じ構成を単品で揃えていくときよりも割安な価格設定がなされており低コストで鉄道模型が始められます。

<スターターセットと単品での価格比較>
TOMIXレール・313系の場合(定価税抜)

スターターセット単品
車両(313系5000番台3両)<90173>ベーシックセットSD 313系特別快速

¥16,000

<98204>基本セット¥9,900
パワーユニットN-600<5507>¥5,800
D.C.フィーダーN<5534>¥500
ストレートPCレールS140-PC(F)<1011>4本セットのうち1本使用 ¥640
ストレートPCレールS280-PC(F)<1012>4本セットのうち3本使用 ¥800
カーブPCレールC280-45-PC(F)<1191>4本セット ¥800
リレーラーPCレールS140-RE-PC(F)<1524>¥420
リレーラー<8006>¥100
¥16,000¥18,960

パワーパックはKATOスタンダードSXやTOMIX N-600のような普及型が採用されています。レールは楕円形のエンドレスが中心です。

■KATOのスターターセット


KATOのスターターセットは「スターターセットスペシャル」のシリーズです。

車両は3両または4両で、新幹線のほか、在来線では関西圏のJR近郊型もあり関西のファンでも楽しめるラインナップです。パワーパックは常点灯対応のスタンダードSXに順次切り替わっていて、ライト点灯もめいっぱい楽しめます。

また、複線エンドレスと車両2編成がセットで、迫力のすれ違いがすぐ楽しめるセットも。

■TOMIXのスターターセット

TOMIXのスターターセットは「ベーシックセットSD」「ファーストセット」の2つに大別できます。


「ベーシックセット」はオーソドックスなC280エンドレスのレイアウトで、車両が基本セット相当分が3両セットされています。貨物列車やブルートレインなど車種が豊富なのも特長です。パワーパックはN-600で、オリジナルカラーも存在します。


「ファーストセット」はベーシックセットより小さいエンドレスとDF200+コキ1両とのセットと、オリジナルの電気機関車が入ったポイント切り替えセットの2つがあります。パワーパックが電動ポイント非対応のFG-17にダウングレードされますが、定価が¥10,000と安く量販店では1万円を切るのが魅力です。

レールセット+車両という選択肢

でもスターターセットでの車両は限りがあるため、自分が好きな車両が入っているとは限りません。

そういうときは、「レールセット」とお好きなメーカーの車両をチョイスする選択肢もあります。

KATOの「マスターセット」TOMIXの「マイプラン」はエンドレス配置のレールとパワーパックが付属していて、これに車両を加えると走行を楽しめます。

車両はKATOのベストセレクションやTOMIXの3両基本セットなどがおすすめです。

どこで買えばいいの?

本当は次回解説予定でしたが、クリスマスとお正月が直前に近づいてるので、簡単にだけお先に解説します。

現在の鉄道模型は量販店でメーカー定価から割引された額で購入するのが当たり前の時代となっています。

実店舗では、

  • ジョーシンのキッズランド
  • タムタム
  • ポポンデッタ

の主要3チェーンは2〜3割の割引で販売されており、商品の品ぞろえの面でもおすすめです。

また、東京秋葉原の「チヨダレールセンター」や名古屋の「安井模型」など一部の個人店でも割引価格で販売されており、こちらは店員の知識の豊富さでも頼りになります。

ネット通販の一番のおすすめは、Joshin webの楽天店です。通販ではダントツの品揃えで、楽天スーパーポイントをお得にためながらお買い物ができます。
↓このバナーからどうぞ


Amazonやヨドバシ・ドット・コムも価格では最安値も多く魅力ですが、売り切れが早いのがネックとなっています。

何よりも大事なことは、自分が「ここなら安心して買える!」と思ったお店で買うのが一番ですね。クリスマスシーズンなので在庫の完売やネット通販の場合は到着までの日数に注意しましょう。

各店舗の特徴などは、次回解説したいと思います。

★次回記事・バックナンバーはこちらから



★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

オーディオこれくしょん
このページでは、なすのぞみずほが所有するオーディオ環境を掲載しています。




★何でも聞いてください。

匿名で聞けちゃう!中日本旅客鉄道(株)さんの質問箱です
ブログ 「てつぱら!」管理人。 最近はオーディオにどっぷり。 ※名古屋飛ばし関連の質問は当面の間無視します。

じゃらん特集一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いた人
なすのぞみずほ

尾張国に住むクソ人間
愛機はMacBook AirとNikon D610

趣味は鉄道(乗・撮・模型)、カメラ、PC、オーディオなど。

<WORKS>
・「チャレンジ!!ボッチャ駒来」サークルサイト制作
・個人ブログ「イトケンの隠れ家」(制作中)

・Aichi WordPress Meetup #9登壇「レンタルサーバーの選び方」

気に入ったらフォローしてください
鉄道模型をはじめよう!
スポンサーリンク
気に入ったらフォローしてください
てつぱら!新館

コメント