【PR】誰でもできる「ボッチャ」、はじめてみませんか?
スポンサーリンク

初代AF標準ズーム!「AF NIKKOR 35-70mm F3.3-4.5」で遊ぶ!

5.0
レンズ
この記事は約4分で読めます。

メリークルシミマスクリスマスが近づいて、街中がクリスマスモードになってきています。 ㍆㌋㌉㌏㌉㌸㌾㌋㌞㌹㌅
クリスマスといえば、ケンタのCMでおなじみの竹内まりやのあの曲と、JR東海の新幹線のCMでおなじみの山下達郎のあの曲が好きなのですが、そうそう、新幹線といえば、700系の東海道新幹線ラストラン日も決まりましたね。あのアヒル顔が好きじゃなかったのとコンセントがないという理由で決まってN700に乗ってたので人生で乗ったのは1~2回くらいしかないのです。あまり好きじゃない車両ではあるけど、引退となると名残惜しいなと思うのは僕だけではないと思います。

名鉄百貨店 クラシックカメラバーゲンにて

先日(11月の末)、中古カメラ市へ行ってきました。今回は名鉄百貨店本店の美術サロンでの開催となりました。丸栄が閉店してから、松坂屋での開催が多かったのですが、場所が決まっているわけではないようですね。

「クラシックカメラバーゲン」と名付けられた今回は、催事場ではなく美術サロンでの開催となったためか、小ぶりなイベントでした。ジャンクの出品は日曜と月曜だったため、日曜のお昼過ぎに行きました。

ジャンクはいつもミノルタとFDばかりに思えますが、今回はわりかしニコンも置いてあって楽しかったです。

その中で見つけたのが、「AF NIKKOR 35-70mm F3.3-4.5S」です。

¥500、小クモリ程度でわりかし綺麗だったので拾ってきましたw

<スポンサードリンク>



ニコン初のAFキットレンズ

「AF NIKKOR 35-70mm F3.3-4.5S」はニコン初の本格AF一眼レフ[1]実験的な機種としてはそれ以前から「F3AF」が存在した「F-501」のキットレンズとして開発されたレンズです。

当時は各社がAFカメラに移行する中で、MFカメラ時代の50mm F1.8に代わる標準域のキットレンズを企画していました。80年代に入る前後から35~70mmの標準ズームが各社登場し、それをAF化した「35-70mm F3.5-4.5」ないしは「35-70mm F4」がキットレンズとして採用されることが主流でした。

それに対しニコンは、広角端の開放絞りを他社より明るいF3.3とし、アドバンテージを広めました。ニコンはフィルムカメラ末期の「AF NIKKOR 28-80mm F3.3-5.6G」に至るまで、広角端の開放F値はF3.3を貫きました。[2]「35-80mm F4-5.6D」など例外あり

小型でお散歩レンズに

「AF NIKKOR 35-70mm F3.3-4.5S」 はピント窓のある前期タイプと、フォーカスリングにゴムリングが追加されピント窓が廃止された後期タイプがあり、僕が今回手に入れたのは前期タイプです。

プラスチッキーでツルツルとした素材がこの当時のニコンらしい作りに思えます。

2倍ズームに抑えられている分、サイズは小型です。以前持っていた「AF NIKKOR 35-80mm F4-5.6D」よりも若干小さめで、そしてとても軽いです。それでいながらピント窓があったり、金属マウントだったりとまだ当時はキットレンズでもしっかりとした作りです。

AFはボディ内モーターを利用するタイプで、D610との組み合わせでは気持ちいいくらいスッと素早くフォーカスが合います。

侮れない描写力

エントリーモデルのレンズなのに、その描写力はニコンらしくシャープネスに仕上がっています。

ボケもそれほどうるさくはなく、”とろける”ほどではないですが、この時代のズームレンズの中では合格点だと思います。現行のDX18-55とかよりは良い写りするんじゃないですか?

こうやって見ていると、モノクロ写真がよく似合うレンズだと思いますね。

全領域でマクロが使えます。最短撮影距離はなんと35mmで、近接撮影もそこそこ楽しめます。ヤフオク等用の商品撮影なんかにも良いかも。

お散歩に使える常用レンズとして

このレンズは上記でも紹介したようにニコンのキットレンズですが、他社のキットレンズとは比べ物にならないレベルの描写力だったりします。それはなぜかというと、「ニコンユーザーになる方が一番はじめに触れるレンズ」というのをよく理解していたからです。初めて触れるレンズだからこそ、良い写りじゃないといけない、だからこそこのレンズが産まれたのでしょう。

コンパクトで、ここまで高い描写力を実現しているレンズが野口さんどころかコインで買えてしまうのが面白いところです。D5000系列以下のエントリーモデルでAFが効かないのが惜しいところですが、MFレンズだと思って割り切って使うのもアリかもしれませんね。

めちゃくちゃ軽いのでお散歩レンズに最適。通勤の合間とか、ツーリングでちょっと出かけるときとか、日々の生活の中で大活躍のはず。

ぜひ手元に残しておきたい1本です。


ニコン(Nikon) カメラレンズ AF-S Nikkor 24-120mm f/4G ED VR【ニコンFマウント】 ソフマップPayPayモール店 - 通販 - PayPayモール
ソフマップPayPayモール店 | ニコン(Nikon) カメラレンズ AF-S Nikkor 24-120mm f/4G ED VR【ニコンFマウント】


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

オーディオこれくしょん
このページでは、なすのぞみずほが所有するオーディオ環境を掲載しています。




★何でも聞いてください。

匿名で聞けちゃう!中日本旅客鉄道(株)さんの質問箱です
ブログ 「てつぱら!」管理人。 最近はオーディオにどっぷり。 ※名古屋飛ばし関連の質問は当面の間無視します。

じゃらん特集一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

脚注 [ + ]

1.実験的な機種としてはそれ以前から「F3AF」が存在した
2.「35-80mm F4-5.6D」など例外あり
この記事を書いた人
なすのぞみずほ

尾張国に住むクソ人間
愛機はMacBook AirとNikon D610

趣味は鉄道(乗・撮・模型)、カメラ、PC、オーディオなど。

<WORKS>
・「チャレンジ!!ボッチャ駒来」サークルサイト制作
・個人ブログ「イトケンの隠れ家」(制作中)

・Aichi WordPress Meetup #9登壇「レンタルサーバーの選び方」

気に入ったらフォローしてください
レンズ
スポンサーリンク
気に入ったらフォローしてください
てつぱら!新館

コメント