6/30までアマギフが抽選で当たるキャンペーン実施中!
スポンサードリンク

“木製”Nゲージ!ウッディージョーの木造電車を組み立てる

Nゲージ
この記事は約3分で読めます。

 

何年かぶりに、小牧市にある”ラピオ”というビルに行ってきたのですが、哀しい方面で変化していました・・・。

平和堂アルプラザやファニチャードームが撤退した今のフロアガイドを見ていると虚しい気持ちになれます。どんどん市のスペースが拡がっていく田舎特有の有りがちな光景・・・。

100円ショップはセリアからダイソーに変わり、食品スーパーは”三河屋”というローカルスーパーなのですが、結構良さげな見切り惣菜なんかあって、なかなかいい感じでした(※当然ですがサブちゃんには会えませんw)

Nでは珍しい”木製”

Nゲージのボディの大半はプラスチック、または金属(真鍮など)でできています。

しかし、今回紹介する「ウッディージョー 木造電車」は、”ウッディージョー”の会社のネーミングからも想像できると思いますが、なんとホンマに”木”でできたキットとなっています。

木製キットはHOではそこそこ地位のあるもののようですがNでは極めてニッチな分野で、ガレージメーカー数社が出すのみです。

 

その物珍しさで買ってしまったので組み立ててみました。

■ウッディージョーとは?

ウッディージョーさんは、静岡に置く模型メーカーで、主力は帆船模型と建築模型です。静岡の他社がプラスチックで攻めるのに対し、その社名の通り“木製”にこだわっているのが凄いところです。

そのウッディージョーさんでは、「懐かしの電車シリーズ」で木製Nゲージのフリーランス車両とストラクチャーを発売していて、両方合わせて12種のラインナップです。

今回は、その中からZ型パンタタイプの“木造電車③”をチョイスしてみました。定価は2,000円です。

 

<スポンサードリンク>



 

木造電車を素組み

メインとなるボディパーツは完全に木製でできており、素組みでも十分な雰囲気が出せそうだったので、素組みで組んでみます。

木製なのでボンドで接着できます。特別な工具が必要ないのは木製キットの魅力です。

説明書もカラーで丁寧に記載されており、初心者でも安心してチャレンジできるようになっています。

 

パンタ、ライト、ステップは真鍮部品となっています。

若干のしなりはあるものの、ものの一時間弱で組み上がりました。

足回りはKATOの小型車両用動力(Bトレ用)を使用することになっています。動力を入れても4千円くらいなので、手軽に作れちゃいます。

可愛くて温もりある

木製なので、特別な塗装をせずとも雰囲気が出せてしまいます。

昔はマジモンが木製だったわけですから、模型が木製でも何も違和感を感じることはないのですよね(笑)

どこか懐かしくて、可愛くて、温もりを感じられる点は、プラ量産品や真鍮キットではなし得ないものだと思いますね。

見てくれからして、併用軌道でも楽しめるデザインなので、ミニレイアウトでも十分遊べそうです。

 

ウッディージョー製品はジョーシンスーパーキッズランドなのような大型の模型店で取扱があります。まだ売っているようなので面白いなと感じたらぜひ買ってみてください。

 

 



鉄道模型の所有状況は随時更新しています。





★何でも聞いてください。

中日本旅客鉄道(株)の質問箱です
ブログ 「てつぱら!」管理人。 真面目そうに見えて変態要素がデカいだけのクズ人間 ※名古屋飛ばし関連の質問は当面の間無視させていただきます。

じゃらん特集一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました