Windowsで本文が汚い!と思ったらここをクリック。
スポンサーリンク

【機材整理計画その1】メインPCをMacBook Air 2017に更新!

Mac
この記事は約7分で読めます。

ちょうど一ヶ月前、松坂屋で開催された中古カメラ市へ初日ぶらっと出かけてみたら、某テレビ局の取材を受けて、案の定夕方のニュースで自分のご尊顔(笑)が流れただけでなく、ヤフーニュースにも文ですがコメントが乗ってしまいました。

それをかかりつけ医のスタッフが見てたらしく、先日通院した際に院長から突っ込まれるというオチつきです・・・(苦笑

機材ミニマル化計画、実行

先日、イトケンさんからの助言もあり、PCとカメラの大幅な機材整理&更新を行う“機材ミニマル化計画”を実行に移しました。

背景としては、もうメーカー修理していないような古い機材を未だにメインとしており、それらの機材の”老朽化”が懸念されていたことがあげられます。

この機材ミニマル化計画は以下を最低目標としました。

  • 現有所有機材の大半を処分する
  • メーカー修理を受けられる機材を導入する(現行、またはそれに近いモデル)
  • 同じジャンル内でサブ機を持たない[1]別ジャンルでサブ機は既に用意されている。WinタブQ506/MEやコンデジ(IXY)など

PCでは最新OS[2]macOS10.13 High Sierraから切られてしまっているiMac mid2010をメインとしています。この夏もファンがガーガー回っており、いつハングアップしてもおかしくないようにみえました。ノートもMacBook Air mid2012とこちらは最新OSは一応入りますがバッテリーとキーボードが死んでおり、しかもモッサモサで実用に値しません(なので最近はWinタブQ506/MEばかり持ち歩いてました)

どちらのモデルもAppleではビンテージモデルとされており、修理ができません。iMacについては最終OSであるHigh Sierraのサポート終了も来年に迫っており、置き換えは早急に考えなくてはなりませんでした。

しかしながら、家のデスクトップとノートをそれぞれ買い換えるプランにすると莫大なお値段になってしまいます。また、デスクトップにすると部屋の配置にも制限が出てきます。だからといって今更Windowsメインには戻せない(戻れない)です。

モバイル用途にArrows Q506/MEもあります。普段使いならQ506で問題ありません。しかし、スライドショー等で使おうとするとHDMI出力はあるとはいえ、やや不安があります。

そこで、PCは”小は大を兼ねる”ことから、ノート型Macを導入することにしました。家ではクラムシェルモードで大画面で操作でき、かつ外へも持ち歩けるため一石二鳥です。MacBook Air 2012とMacBook Pro 2010を手放し、より年式の新しいMacへ乗り換えます。

機材売却が進んできたところで、探しはじめることにしました。

<スポンサードリンク>



増税間際の駆け込み購入

今回はMacBook Airの2015以降のモデルで探すことにしました。僕の使い方ならスペック的にMacBook Airで充分だからです。無印MacBookだと非力なうえ高いし、Proも2015以降だと予算的に厳しいなと思いはじきました。

なんだかんだあって予算7万[3]当初は予算10万ちょっとを予定していて、追金を出してMacBook Air2019モデルを新品で買う計画でした。Macは高値安定です。うーん、2015でも7〜8万するなぁ・・・。
ヤフオクとかメルカリなら安く済むけど、メインPCを買う上では不安を感じるところもありますしね・・・。

・・・といろいろ思いながらたどり着いたのが、パソコン工房さんの通販サイト。

パソコン工房さん、案外Mac安いんだな。じゃんぱらやソフマップより若干安い。

そして、目に止まったのがこれ。

MacBook Air(13-inch Mid 2017)MQD32J/A

2015より新しい2017モデル長い目で見たらやはり2017のほうが良いですよね。

で、これのお値段。

¥59,800(税別・送料別)

うっそやろ?

付属品揃ってて、完動品で2015の中古ショップ相場より安値じゃないですか!!

しかも3ヶ月保証付き。

で、これが売れてない理由。

「キーボード周辺にヤニの匂い(強)」

なるほどねw

で、即ポチー。

送料合わせて6万7千円ちょっとで予算内に収まりました。9月中に買えたので増税前に駆け込めてラッキーでした(笑)

つい数ヶ月前まで現行機種

MacBook Air 2017モデルは2年前、そして2世代前のモデル。僕がiMacを買って遊んでた当時バリバリの新製品だったやつです。

2017モデルは2015モデルのマイナーチェンジ版で、違いはCPU(Core i5)のアップデートくらいです。

そして、この2017モデルは、Macで最後の”非Retina”&”リンゴが光る”機種。そして、今年2019モデルの発売直前までApple Storeで購入できた現行機種。そう、たったの数ヶ月前まで現行機種だったのです。長く使い続けられそうですね。

まだAmazonでは新品が購入できます。流通在庫限りなので買うなら今のうちですね。

ほぼ新同品じゃね?

山形からはるばる届きました。パソコン工房さん発送早すぎですw

ぱらちゃん
ぱらちゃん

また使わせていただきますね( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

箱は潰れがあったものの、中身は・・・キズひとつなくきれいでした。ACアダプターからは確かにタバコ臭い感じがほんの少ししますが、本体からその匂いはほぼ確認できませんでした。キーボードをクンカクンカしても、ですw

筐体そのものは2012モデルから続くA1466で、以前所有していた2012モデルとボディは同じ。新鮮味はありません(笑)


起動してみて確認してみたところ、バッテリー充電回数一桁!でした。

買っただけで、使ってないんじゃない?(笑)たぶんですが、ヘビースモーカーの方が購入して数回使ったらそれっきりだったんかなと思います。


製造時期も2018年6月と1年ちょっと前なのでわりかし新しい方です。

今回はiMacからメインを引き継ぐので、「移行アシスタント」アプリを使用して中のデータを丸コピしました。

Macの場合は両方ともWi-Fiに接続されていれば簡単にデータ、アプリ、設定、ログインアカウントを移行できます。Time Machineを使う方法もあります。このあたりはMacを使う利点の一つでもあります。データ移行やバックアップはWindowsでは話になりませんから。

おおよそ2時間でデータ移行が完了し、iMacと同じ使い方ができるようになりました。

今の使い方ではサクサクしていて、不満はありません。キーボードも現行のバタフライキーボードよりストロークが深くて、こっちのほうがしっくり来ますね。


というわけで、2年2ヶ月ぶりのメインPC更新となりました。ノートパソコンがメインとなるのは自作機を組む前、高校生以来のことです。

でもこれで、部屋の配置の制約が少なくなるし、外へも持ち歩けるようになったのですごく便利です。

しばらくはこのMacBook Airで頑張りたいと思います(⑅•ᴗ•⑅)

家で外部モニターで使う用のThunderboltーHDMI変換ケーブルも購入していますが未到着です。macOS 10.15 Catalinaもリリース間近?[4]10/4と予想されていますだそうなので、10.15にアップデートして変換ケーブルが届いたら、また記事にしたいと思ってます。

あ、パソコン工房さんで思い出しましたが、大須のグッドウィルが移転することになっているので、↓この記事を加筆しておきました。



★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

オーディオこれくしょん
このページでは、なすのぞみずほが所有するオーディオ環境を掲載しています。




★何でも聞いてください。

匿名で聞けちゃう!中日本旅客鉄道(株)さんの質問箱です
ブログ 「てつぱら!」管理人。 最近はオーディオにどっぷり。 ※名古屋飛ばし関連の質問は当面の間無視します。

じゃらん特集一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

脚注 [ + ]

1.別ジャンルでサブ機は既に用意されている。WinタブQ506/MEやコンデジ(IXY)など
2.macOS10.13 High Sierra
3.当初は予算10万ちょっとを予定していて、追金を出してMacBook Air2019モデルを新品で買う計画でした
4.10/4と予想されています
この記事を書いた人
なすのぞみずほ

尾張国に住むクソ人間
愛機はMacBook AirとNikon D610

趣味は鉄道(乗・撮・模型)、カメラ、PC、オーディオなど。

<WORKS>
・「チャレンジ!!ボッチャ駒来」サークルサイト制作
・個人ブログ「イトケンの隠れ家」(制作中)

・Aichi WordPress Meetup #9登壇「レンタルサーバーの選び方」

気に入ったらフォローしてください
Mac 注目記事
スポンサーリンク
気に入ったらフォローしてください
てつぱら!新館

コメント