イラスト募集中!もう一度言う!イラスト募集中!
スポンサーリンク

オールドヘッドホン!SE-205【ATH-EQ300Mをぶち込む編】

イヤホン・ヘッドホン
この記事は約6分で読めます。

 

いつもお世話になっているハードオフさんが先日”ジャンクTシャツ”なるものを出したのですが、印刷ミスでマジモンのジャンク品となってしまったらしく、販売日に速攻で買いました(即日完売でした)

戦利品はもちろん2つともジャンク品ですw

ぱらちゃん
ぱらちゃん

これでハードオフ巡りが捗る捗るw

ちなみにジャンク品”ではない”ほうの追加販売は決まってるので、欲しい人はハードオフ公式ツイッターをチェックしませうw

失敗したドライバー移植に代わる次なる手を考える

今日も前回に引き続き、オールドヘッドホン・PIONEER SE-205についてのお話です。

今日で3日目ですが、もう少し続くので鉄模などで来られている方、もうしばらくご辛抱くださいm(_ _)m

■吸音材では改善せず

さて、前回の記事でPioneer SE-M555Vのドライバーを移植しましたが、特定の音域だけが正常に出ないことが判明しました。

その後イトケンさんとその話をしてて、

イトケンさん
イトケンさん

吸音材でも入れてみたら?

という話になったので、吸音材に使えそうな手芸用の綿をダイソーで買ってきました。

吸音材となる綿をハウジングいっぱいに詰めてみたのですが、この問題は改善できないことが判明しました。

今回知ったのですが、ヘッドホンって、実はハウジングの大きさが音質に影響するようなんです。ハウジングが大きすぎるとまともに音が出ない。ドライバーとハウジングのサイズのバランスを考えないとドライバーの移植はなかなか成功しない、のだそう。スピーカーのDIYと違って、ヘッドホン関連のDIYをやってる人が少ないのはこのためでしょうか。

 

おまけにM555VのL~R間の渡り線が細すぎて、今にもちぎれそうな勢いなので、M555Vドライバーの活用はやはりダメなのかな、という結論で終わってしまいました。

もっと簡単でこの問題を解決できる案はないか?

 

<スポンサードリンク>



 

耳掛けヘッドホンを入れる!

そこで、部屋に転がっているヘッドホンを見て思いついたのが、耳掛けヘッドホンの活用です。

オーディオテクニカの「ATH-EQ300M」が家にありました。

ATH-EQ300Mは薄型ハウジングを採用したオーテクの耳掛け式モデルで、本来の用途よりは、バイクヘルメットの中に仕込む、などの用途で定番のアイテムだったりします。

オーディオテクニカ ATH-EQ300M WH(イヤフィットヘッドホン/ホワイト) :4961310093037:ソフマップYahoo!店 - 通販 - Yahoo!ショッピング
圧倒的な薄さで、耳元も装着感も軽快なスキニースタイル イヤフィットヘッドホン

なぜかこれが家に2個も転がっています。イトケンさんからの流れ品で来ているようです。

それに、EQ300Mの小型ボディなら、EQ300M側の改造いらずで組み込めるよね?

EQ300MをSE-205ヘイン

というわけで、早速組み入れます。

SE-205を分解して、M555Vのドライバー(振動板)を外します。

ATH-EQ300Mの耳をかけるフックの先端部とドライバー部(パッドがある場合は外します)の外周にゴム系接着剤を塗りたくり、画像のような感じで固定させました。その上から吸音材となる綿を仕組みます。

ここで問題となるのが、SE-205は片出し、ATH-EQ300Mは両出しで、しかもU字型コードになっています。肉厚のSE-205のボディに孔を開けるのは難しそうに感じます。そこで、コードの短いL側はそのまま下から下ろし、コードの長いR側はL~R間を結ぶ渡り線ケーブル用の上部の穴から出すことにしました。

SE-205側の改造不要で、コード長も調整できるメリットしかないやり方なのです。

パッドはM555Vのベロア調パッドのままです。

外見上は渡り線が消えて、R側上部からケーブルが垂れ下がっているくらいの違いなので、細かく見なければヘッドホンを改造してるなんてわかりませんw

 

こうして、PIONEER SE-205″改二”が落成しましたw

問題は解決。が・・・

今回の改造で、ケーブルが短くなったのでポータブルもしやすくなりました。ミニプラグなのは変わらないので、外でウォークマンやスマホを聞くのが楽になりそうです。

 

そして、M555Vドライバーで問題のあった、特定の音域だけが正常に出ない問題はATH-EQ300Mへの交換により無事解決しました。

しかし、EQ300Mの大本の音質が残念ながらそこまで良い音ではないのですよ。EQ300Mの最安価格は700円でお釣りが来るお値段なのです。

なので、ぶっちゃけ言うと1000円クラスのイヤホンより音は劣っています。それでもまだ本来の耳掛けで使うときはそれなりに聞ける音なのですが、大きいハウジングのSE-205にぶち込んだことで低音域がスカスカになって迫力がかなり落ちてしまいました。

いやいや、このレベルならダイソーの500円ヘッドホンのほうがまだ良い音出てるじゃないか!

という本末転倒なことになってしまったのです。

 

というわけで、EQ300Mドライバーでは結局音質で満足できなかったので、次なる策を考えてみることにしましょうかね。

ということで、SE-205の記事は次で最後になる予定です。つまり、次回紹介するドライバーが現時点でのファイナルアンサー(死語)だったりするので、この話題はもう1記事だけお付き合いいただければ・・・

(つづく)


パイオニア ハイレゾ対応ヘッドホン(レッド) PIONEER SE-MS5T-R 返品種別A :4573243090986-35-37498:Joshin web - 通販 - Yahoo!ショッピング
在庫状況:在庫僅少/◆ハイレゾ再生に対応した大口径40mmドライバーを搭載◆レトロテイストを取り入れたシックなデザイン◆スマートフォンでの通話が可能なコントロールBOX付き/
オーディオテクニカ ATH-EQ300M WH(イヤフィットヘッドホン/ホワイト) :4961310093037:ソフマップYahoo!店 - 通販 - Yahoo!ショッピング
圧倒的な薄さで、耳元も装着感も軽快なスキニースタイル イヤフィットヘッドホン

★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

オーディオこれくしょん
このページでは、なすのぞみずほが所有するオーディオ環境を掲載しています。




★何でも聞いてください。

匿名で聞けちゃう!中日本旅客鉄道(株)さんの質問箱です
ブログ 「てつぱら!」管理人。 最近はオーディオにどっぷり。 ※名古屋飛ばし関連の質問は当面の間無視します。

じゃらん特集一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました