イラスト募集中!もう一度言う!イラスト募集中!
スポンサーリンク

JR東海の白い欧風列車!TOMIX 12系ユーロライナー 入線!

Nゲージ車両入線
この記事は約5分で読めます。

 

今週に入ってから全身が猛烈な痒みで不眠だったのですが、混雑する皮膚科へ行って待たされること1時間強・・・医者から言われたのは「蕁麻疹ですね~」の一言だけ。

まぁ想定通りでしたがけど・・・あっけなさすぎではないですか?

ジョイフルトレインの三男 ユーロライナー

国鉄末期の頃、1980年代に入ると、欧風客車「サロンエクスプレス東京」を皮切りに、新ジャンルの観光列車”ジョイフルトレイン”が登場しました。

首都圏の「サロンエクスプレス東京」、関西に導入された「サロンカーなにわ」につづいて、名古屋エリアに導入されたジョイフルトレインが「ユーロライナー」でした。

Wikipediaより

14系から改造された「サロンエクスプレス東京」や「サロンカーなにわ」と違い、12系から改造され、白い車体に青のストライプと中間個室車の大型なガラスが特徴となっています。

専用機が用意されなかった上記2列車と異なり、「ユーロライナー」ではEF64、EF65、DD51などの専用機が複数用意されたのもトピックです。また九州へ向かうカートレインへも投入され、ユーロライナー色のマニ44も用意されました。

「ユーロライナー」はJR東海に引き継がれましたが、2005年に惜しまれつつも廃車となりました。

 

<スポンサードリンク>



 

フル編成を格安で入手

ある日、大須の某店へ向かったら、ジャンクバラシのコーナーにTOMIXのユーロライナーが大量に吊るされているではありませんか!!

それも、先頭車が¥1,080、中間車が¥648となかなか安いだけでなく、フィギュア(ジオコレのと思われる)も入っていて賑やかそうだったのでフル編成で衝動買いしちゃいました。フル編成でも¥5,400と人形込みなら安い部類ではないでしょうか(笑)

以前、DD51のユーロライナー色が入線していますが、これで機関車と客車が揃ったことになります。

TOMIX DD51・ユーロライナー色 入線!
あべのハルカスにある近鉄百貨店、よりにもよってチョコの特設売場でスタッフの麻疹患者続出。 ここまで来るならチョコ買いに来るうぇ~いなオトコ持ってる女に感染って糞リア充ともども麻疹になればメシウマなのになぁ〜、と(笑) リサイ...

合わせて、同じくTOMIXのEF64ユーロライナー色の旧製品をフリマアプリで購入しました。

初入線、試運転中・・・

今回購入したユーロライナー客車は、1990年代に7両フルセットになった後のロットです。

人形の配置換え&自作室内灯

■人形を”どこの家にもあるもの”で自作

人形が乗っているのは賑やかでいいのですが、人形の立ち方がせっかく着席前提のジョイフルトレインなのに立席の通勤通学客ばかりでちょっと興ざめですよね(笑)

そこで、人形の入れ替えをすることにしました。

しかし、座っている人の人形がたりません・・・。

そこで、“どこの家にもあるもの”で人形の量産を行いました。

そうです、爪楊枝です。

適宜カットしてマッキーで髪の色と服の色を着けます。満席状態には骨が折れるので、3~4割くらいの乗車率としときました。

カフェラウンジ車。手前の二人が爪楊枝。カウンターも賑やかそうです

中間の個室車。

■自作室内灯を付ける

続いて、自作室内灯を組み込みます。入れ方は今までと同じです。

テープLEDで作る!自作室内灯にリベンジ!
鉄道模型で必須ではないけどやっぱり欲しくなってくるのが"室内灯"です。そこで、一度挫折した「テープLED自作室内灯」にリベンジしてみました。構造を見直し、前回の試作時に多かった接触不良を改善。その光り具合は!?

先頭車へ組み込み

先頭車横から

中間車。窓が多いので明るさが目立ちますね(^^)

明るくて楽しい

大阪で走らせました。

ジオラマ103さんにて

ジオラマ103さんにて。こちらが今回買ったEF64

アオバ模型さんにて。牽引カマはJR九州のEF81

京都の三光堂さんにて

明るめの塗色で、窓が多くかつ大きいのでとても明るい印象を受けます。自作室内灯も問題なく光り、走行しているのを眺めていてとても楽しいです。

EF65も欲しくなってしまいますね・・・。

 

ユーロライナーといえば、グリーンマックスから発売予定のユーロライナー色のマニ44ですが、7月中旬の予定となっています。

もちろん予約済み。こちらも非常に楽しみでなりません(^^)

製品概要

製品名:

メーカーロット購入場所
TOMIX大須ポポンデッタ
定価購入価格購入形態
¥13,500¥5,400(税込)中古ジャンク
品番製品形態発売年
92636プラ製完成品

出典 山下喜久雄・著『新・鉄道模型考古学N』より


↓楽天で買う

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いた人
NASU-NOZO-MIZUHO

尾張国に住むクソ人間
愛機はiMacとMacBook AirとMacBook Pro

趣味は鉄道(乗・撮・模型)、カメラ、PC、オーディオなど。

<WORKS>
・「チャレンジ!!ボッチャ駒来」サークルサイト制作
・個人ブログ「イトケンの隠れ家」(制作中)

・Aichi WordPress Meetup #9登壇「レンタルサーバーの選び方」

気に入ったらフォローしてください
Nゲージ車両入線
スポンサーリンク
気に入ったらフォローしてください
てつぱら!新館

コメント

タイトルとURLをコピーしました