イラスト募集中!もう一度言う!イラスト募集中!
スポンサーリンク

よろしく令和!KATO EF58 61+サロンエクスプレス東京 入線!

Nゲージ車両入線
この記事は約6分で読めます。

 

「令和」スタートしました。新しい時代の夜明けですね。

令和時代でも、これまで通り楽しんで呼んでもらえるブログにしたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

今日は令和改元を記念して、お召列車にて活躍したEF58 61とジョイフルトレイン「サロンエクスプレス東京」を紹介します。

お召機とジョイフルトレインの関係

■ロイヤルエンジン 61号機

Wikipediaより

EF58 61は1953年に日立製作所で製造されました。61号機は“お召機”として特別な地位を授けられ、他車とは違う特別な塗色や装備で異彩を放つ車両でした。昭和から平成にかけて数多ものお召列車の牽引に活躍した他、お召列車の運行がないときは性能維持も兼ねて長距離列車にも充当されることがありました。

国鉄が末期となりゴハチの定期運行が減ってくると、活躍の場が臨時列車に移りました。その中で、当時各地で人気絶頂だったジョイフルトレインを牽引する場面も多くなりました。その先駆となった「サロンエクスプレス東京」では61号機が実質的な指定牽引機となっています。

Wikipediaより

お召列車がE655系に置き換えられた現在はJR東日本の東京総合車両センターにて保留車として籍を置いた状態で静態保存されています。

■欧風列車 サロンエクスプレス東京

Wikipediaより

国鉄ではかねてから観光列車としてお座敷列車などを走らせていましたが、とくに若者には不人気で、若者をターゲットとした新しいタイプの観光列車を誕生させることになりました。

そのうち、東京南鉄道管理局が14系客車7両を改造して作ったのが、欧風列車「サロンエクスプレス東京」でした。コンパートメント(個室)主体で、先頭車は車両向きが変えられトイレなどを撤去して展望スペースやビュフェ車となりました。

EF58 61が指定牽引機となったのは、カラーリングがマッチし、EF58の性能維持を兼ねる目的からでした。

その後、1997年に6両のお座敷列車「ゆとり」へ改造され、2008年に引退しました。

 

<スポンサードリンク>



 

KATO Nゲージ20周年記念製品

サロンエクスプレス東京のNゲージ化は1984年で、TomixとKATOの競作でした。いち早く出たTomixに対して、KATOは一年ほど出遅れ発売は1985年に入ってからのことでした。

1985年は奇しくもKATOがNゲージに参入してからちょうど20年の節目の年で、そこでNゲージ20周年記念企画が出されることになったのです。20周年記念製品の第2段として、EF58 61とサロンエクスプレス東京のセットが実現しました。

中の製品は通常製品(EF58 61単品とサロンエクスプレス東京Aセット)と全く同一のもので、出回った数も多かったためプレミアは付いていませんが、コレクターズアイテムの一つにはなっているかと思います。


発売時の広告が『KATO Nゲージアーカイブス』に掲載されています。


EF58は今となっては旧製品ですが、同年発売の2次製品で、握り棒が付くようになり一段とキリッとした顔となっています(日章旗取付後)


KATOのサロンエクスプレス東京の一番の目玉は伸縮カプラーの採用です。台車マウントながら伸縮機構を付けることによって、連結間隔がリアルになります。TomixがLカプラーで連結間隔も広めだったこともあってか、好評だったようです。

また、展望部の回転椅子もひとつひとつ別パーツとなっていて、これが憎らしい表現です。

 

床下が12系流用(Tomixは流用がなかった)となるなど一部足りなかった点もありますが、それでもクオリティは当時では最高のもので、“サロンエクスプレスはKATOの圧勝”と言われるのも一理あるかな、と思います。

組み合わせを楽しむ

■61号機+1号編成

61号機には、やはり昨日紹介した1号編成でしょう。せっかくのお召機ですから、お召列車を牽かせたいところですよね。

今日はレンタルレイアウトでお召1号編成を牽引する予定です。

■サロンエクスプレス+ED61&EF81

サロンエクスプレスのほうはいろいろなカマを付けて楽しめます。

中でも先日大阪某所で買ったTOMIXのED61(茶)がカラーリング的にもバッチリで、様になりました。

亀屋さんにて。左のED61が牽いているのは実はTOMIX製w

大阪行く直前で買ったTOMIXのEF81 400(JR九州仕様)もなかなか似合いますね。

ジオラマ103さんにて

ジオラマ103さんにて

その他、EF64ユーロライナー色に惹かせてJR東海乗り入れをイメージしてみたり。

もけいや松原さんにて

製品概要

製品名:EF58 61・サロンエクスプレス東京セット

メーカーロット購入場所
KATO1985年お宝市番館尾張小牧店
定価購入価格購入形態
¥12000¥5,980中古
品番製品形態発売年
10072/S3006Sプラ製完成品1985年

出典 山下喜久雄著『新・鉄道模型考古学N2』


↓Amazonで買う

↓楽天で買う



★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

オーディオこれくしょん
このページでは、なすのぞみずほが所有するオーディオ環境を掲載しています。




★何でも聞いてください。

匿名で聞けちゃう!中日本旅客鉄道(株)さんの質問箱です
ブログ 「てつぱら!」管理人。 最近はオーディオにどっぷり。 ※名古屋飛ばし関連の質問は当面の間無視します。

じゃらん特集一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いた人
NASU-NOZO-MIZUHO

尾張国に住むクソ人間
愛機はiMacとMacBook AirとMacBook Pro

趣味は鉄道(乗・撮・模型)、カメラ、PC、オーディオなど。

<WORKS>
・「チャレンジ!!ボッチャ駒来」サークルサイト制作
・個人ブログ「イトケンの隠れ家」(制作中)

・Aichi WordPress Meetup #9登壇「レンタルサーバーの選び方」

気に入ったらフォローしてください
Nゲージ車両入線注目記事
スポンサーリンク
気に入ったらフォローしてください
てつぱら!新館

コメント

タイトルとURLをコピーしました