サーバー乗換試験中。ちょっとだけ速くなった?
スポンサーリンク

2台のRollei35

カメラ
この記事は約2分で読めます。

 

久しぶりのブログ更新となります。

 

この間、修理に出していたRollei35のテッサーレンズモデルの修理が上がり、早速試写に行ってきました。

クセナーレンズ付きのRollei35の作例も合わせて。

 

Photo:Rollei35(Tessar) FUJIFILM100

帰ってから2台を見比べてみると、意外と面白い違いに気づきました。以前ニコイチなんじゃないか?と疑ったテッサーモデルは、やはり上部と下部で違う個体からできているようです。完全にシンガポールなクセナーモデルのファインダーと形状が違い、クリアで視野も広く、離れていてもはっきりとブライトフレームが見える。間違いない、ドイツ製ファインダーだ、と。また、「Rollei35」の文字の太さもぜんぜん違うのだ。

テッサーモデルのシリアルがシンガポール製ではありえないほど若いのもファインダーを見えば、なんとなく納得だ。一方のそれより下部は別個体から調達したシンガポール製部品であろう。今回修理対象となった巻き取りギアはどっちだったのかはまだ定かじゃないが(笑)

 

テッサーの描写はまたクセナーと違って面白い。ブログの画像は残念ながら縮小しているが、縮小しない状態であれば、細かい文字もはっきりと確認できる、テッサーじゃないと成し得ない技かも。

Photo:Rollei35(Tessar) FUJIFILM100

 

一方のクセナーモデルは、ちょっとビンテージの匂い。シャープネスなどははるかにテッサーに及ばないかもしれないが、見たままの描写をテッサーがするなら、クセナーはそれに懐かしく感じさせる匂いをプラスされる印象。あっさり系のテッサーと、こってり系のクセナー。

Photo:Rollei35(S-Xenar) FUJI SUPERIA400

 

どちらも、描写力は下手なコンデジどころかミラーレスよりいいかもしれない。

Photo:Rollei35(S-Xenar) FUJI SUPERIA400

 

味気ない日々に、ポケットサイズのこの筐体が味をつける。これさえあれば、生活はもっと豊かになる。

Rollei35は、まさに真のコンパクト・アーティスティック・カメラだと思いますね。

 


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

オーディオこれくしょん
このページでは、なすのぞみずほが所有するオーディオ環境を掲載しています。




★何でも聞いてください。

匿名で聞けちゃう!中日本旅客鉄道(株)さんの質問箱です
ブログ 「てつぱら!」管理人。 最近はオーディオにどっぷり。 ※名古屋飛ばし関連の質問は当面の間無視します。

じゃらん特集一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

この記事を書いた人
NASU-NOZO-MIZUHO

尾張国に住むクソ人間
愛機はiMacとMacBook AirとMacBook Pro

趣味は鉄道(乗・撮・模型)、カメラ、PC、オーディオなど。

<WORKS>
・「チャレンジ!!ボッチャ駒来」サークルサイト制作
・個人ブログ「イトケンの隠れ家」(制作中)

・Aichi WordPress Meetup #9登壇「レンタルサーバーの選び方」

気に入ったらフォローしてください
カメラ
スポンサーリンク
気に入ったらフォローしてください
てつぱら!新館

コメント

タイトルとURLをコピーしました