久々のカメラネタです。
キヤノンのコンデジ「IXY DIGITAL 10」を買いました。

10年前の古いカメラだけど

このIXY DIGITAL 10は2007年発売のモデルです。
前年の2006年発売の上位機種IXY DIGITAL 900ISをベースとして、バッテリーや一部機能のスペックダウンがなされた下位機種。
[link url=”http://cweb.canon.jp/pls/webcc/WC_SHOW_CONTENTS.EdtDsp?i_tx_qasearch_url=http%3A//search5.canon.jp/ja_all/search.x%3Fq%3D%25E4%25BB%2595%25E6%25A7%2598%26ie%3Dutf8%26pid%3D4NK-l66MYRuumtn74-444Q..%26qid%3D8YGxhR8ZclU.%26page%3D1%26i_cd_pr_catg%3D6%26i_cd_pr%3D2441%26qa_search_category%3D%26i_cd_transition%3D2&i_cd_pr_catg=006&i_tx_contents_dir=/e-support/faq/answer/digitalcamera/&i_tx_contents_file=35839-1.html&i_fl_edit=1&i_tx_search_pr_name=&i_cl_form=01&i_cd_qasearch=Q000035839&i_tx_keyword=%8E%64%97%6C&i_cd_pr=2441&i_cd_transition=2″ title=”キヤノン:Q&A検索|【コンパクトデジタルカメラ】デジタルカメラIXY DIGITAL 10機種仕様” content=”お客さまからよく寄せられるお問い合せ内容を「Q&A」形式でお答え致します。”]
[link url=”http://global.canon/ja/c-museum/product/dcc539.html” title=”IXY DIGITAL 10 – キヤノンカメラミュージアム” content=”“IXY DIGITAL 10”は、「70」(2006年3月発売)の後継となる、IXYシリーズの中核モデルである。CCDの高画素化(6.0メガから7.1メガピクセルへ)を 図りつつ、レンズ鏡筒のさらなる小型化の実現などにより、光学3倍ズームレンズを継承しながら、「70」から約2.3mmの大幅な薄型化を達成。”]

 

つまり光学系は広角端以外は手持ちのIXY900ISとほぼ同じと考えていいみたいです。

焦点距離は換算35mmスタート、マクロの最短撮影距離は900ISと全く同じです。
テレ端の開放F値は手ぶれ補正が入っていないためか、テレ端はこちらのほうが明るいです。

 

IXY900ISは2年近く使っていて使用頻度も上がり結構酷使されているほうかと思います。そもそもが古いカメラ、いつ壊れてもおかしくない状況ですね。
しかし室内でNゲージ等を撮ろうとすると、900ISを上回るカメラってなかなかないんですよね・・・。
D700+55mmは部屋の中では重くて使いにくいし、他の一眼はマクロレンズを持ってないし買うにしてもそれなりにお値段がするので(笑)

だから、前々から900ISの代替や予備となるコンデジがほしいと思っていたのでした。画質よりも接写やレスポンス重視で。

接写に強く素早いレスポンス、となるとやっぱりキヤノンのコンデジなんでしょうか。

 

バッテリー2個ついて1500円

そんなIXY DIGITAL 10が、とあるリサイクルショップへ行ったら、
動作確認済で1,480円でした(笑)
しかも純正バッテリー2個入!

光学系が900ISとほぼ一緒なので、900ISの予備機として導入してみます!

 



900ISより角ばったボディとなり、APSフィルムの元祖IXYに近いデザインになってますね。


バッテリー蓋のゴムは欠損してました。


背面はモード切替のダイヤルは撮影・再生のみに省略されて、撮影モード切り替えは液晶画面上での設定です。900ISのダイヤルが回しにくいので、操作系として順当に改善できているといえますね。
金属素材を採用してるらしく、プラ感満載の900ISよりも高級感が出ています。当時両方が現役機種だったときに10と900ISを迷ってデザインに惚れて10にした人も多かったようです。

 

<SPONSORED LINK>


 

安心できる画作り

動作もAFも900IS同様にキビキビとしていて、素早い撮影ができるところは全く一緒でした。

 



ISOはやはり1600まで上げるとキツイですね・・・。

 




画質については900ISと比較してとくに変わりはなく、マクロ性能も全く問題ありませんね。
まいた安心して併用していけると思います。

 

今回のお買い物は比較的お得だったのかなと思ってます。
しばらく併用していきましょう(∩´∀`)∩

 

 


★鉄道模型の所有状況は随時更新しています。

★オーディオシステムの構成も随時更新しています。

https://tetsupara.net/audio





★何でも聞いてください。

https://peing.net/ja/mc313_8507


じゃらん特集一覧

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう